戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一目でわかる
戦車模型雑誌を開くと、良くできた作例が載っている。
でも、ページを開いた瞬間、かなり良くできた作例であっても
ほんの一瞬で 「模型」 とわかる。
よくよく目を凝らして見るわけでもないのにかかわらず
ディテールを調べるまでもなく
「これは本物ではあり得ない」と判断を下してしまう人間の目とは、なんなのでしょう。
その一瞬に何を感じて模型と判断しているのか。
そこにカギがあると思う。

E100の U字フックをちょこっと改造。
右側がキットのまま。
E100U字フック

このところの塗り方の方針は複雑系。
ありとあらゆる多様性を盛り込む方針なので下塗りでさえ二色使いです。
E100U字フック下塗り

例のごとくえんぴつ粉をまぶしておきます。
E100U字フックえんぴつ粉処理
とりあえずここまでにしておいて
このあとは車体色との兼ね合いで仕上げる予定です。
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

戦車模型超級トンデモ技術指南 そのいち
「銀ブラシは使わない」
E100転輪鋼鉄表現
個人的にドライブラシという技法がウソっぽくて嫌いだということもありますが、これまでの作例に銀ブラシを使ったことはありません。
「銀色」ってやりすぎだと思う。
非常に目立つ、効果が高い表現でありますが、それゆえに魅了されてしまい、本来のリアルさから離れてしまっても目をくらまされてしまう危険をはらんでいます。
塗料としての「シルバー」は、色として「軽く」、その金属がアルミか何かであるかのように感じさせます。
金属色の白っぽく見えるハイライト部分は「反射」で輝いているのであり
光が当たった時にのみ輝くのが本来の姿といえます。
色として「シルバー」である必要はありません。
刃物を研いだときのような、にぶい金属色が鉄のこすれた本来の色です。
したがって、スプロケットホイルでもキャタピラでも「えんぴつ粉」をすりつける表現がせいぜいだと思うのですが。

E100のロードホイールはエッジのみアイアンを塗り
その他はレッドブラウン。
全体にえんぴつ粉をすりつけています。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

道が打開された:ドラゴン E-100
ダークイエローで基本塗装したままで
長期にわたって次の手が見えずに悩んでいたE-100。
E100砲塔ウエザリングマスターによる汚し
今回、タミヤウエザリングマスター A 、B、 D、 E セットを用いて汚しを入れてみました。
油彩を持たないわたしにとってウエザリングマスターセットは
唯一、なめらかなグラデーションをつけることの出来る道具。
ここまでは、納得できる仕上がり

車体に関してはクラッシュ四号にインスピレーションを得て
やる気満々です。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

陸軍兵危局第6兵器課:ドラゴン E-100
「お知らせします!E-100の砲塔がクルップ社より納入されました」
「しっ!これは極秘プロジェクトだ。コードネーム、ドラえもんと呼べ」
「失礼しました!そのドラえもんの頭ですが、マウスの試作品の一つをどうにか転用してもらえたようです」
マウス塗装砲塔1

「ふむ。どうしてあのマッドサイエンティスト(ポルシェ博士)が総統に気に入られているのか知らんが、国内の産業事情も理解しないでガラクタばかり作りおって。Pトラやゾウの件で現場はこりごりしておる」
「トラ2の欠陥砲塔の例もちらほらと伝え聞きます」
「完成してもどうせすぐに馬脚を現すことは目に見えておる。ドラえもんが役に立つ時はきっと来るはずだ。すでに国内の銅は希少だ。電気ネズミに断じて未来はない!」
「なんでも2台一組で作られているとか」
「役にも立たないドブネズミを2台も作っているのか!?」
「渡河するときは陸にいるもう1台で電気を供給するのだそうです。それから、これがクルップ社よりのメッセージです」

『当社として最大限の協力が出来たことを心から嬉しく思います。新型戦車の御武運をお祈りします。追伸、加装はそちらで行って下さい。あしからず』

「あのクルップのタヌキおやじめ!危ない案件からは手を引くということか。ところで、車体の方の進捗はどうなっておる?」
「はっ、ハウステンベックで人員3名フル稼働で組み立てに入っています」
「わずか3人か・・・それでもネズミはネコで駆逐されるのが正義なのだ」
「ドラえもんはネズミが苦手だったはずですが」
「・・・・・」

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

下塗りには何を?:ドラゴン E-100
最近のAFV模型では下塗りとして、オキサイドレッドやブラック、あるいはプライマーなどが塗られるようですが、昔は直接パクトラタミヤのダークイエローを塗ったものでした。
E-100砲塔下塗り

下塗りには何がもっとも効果的か?試行錯誤中ではありますが
このごろよく使うのが「アイアン」。
だって、鉄だからと思うわけです。


≫≫≫ [下塗りには何を?:ドラゴン E-100] の続きを読む                            

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

初公開!内部構造:ドラゴンE-100
E-100砲塔内部

「こっ!これはいったいなんですか?」
「ご存知の通り、E-100だよ、もっとも、マウスの流用だけど」
「そうじゃなくて、どうして中身がこうなっているのか、なんの理由があるのかってことなんですよ!」
「まあ、簡単に言えば、剛性のない車体が嫌いなんで、いつもランナーを利用して裏打ちしているのですよ」
「それにしては多すぎません?もともとE-100の砲塔は剛性あるでしょ?」
「今回は、それ相応に重量も欲しかったので特別詰め込んである。
ちなみに、車体はこんな感じですよ」
E-100車体内部

「無駄に労力使ってません?」
「やってるうちにパズルみたいになって、面白くなってくるんだよ。地球環境の負荷を減らす意味合いもあるんです」
「はあ?」
「毎回新しいキットを作ると大量にランナーを捨てるでしょう?可燃ゴミとして捨てると焼却されて気温の上昇と二酸化炭素の排出を招くじゃないですか。遊びでやっているんだから少しでも世の中に迷惑をかけないようにしようと」
「こんなことやってるから、完成しないじゃないですか!」
「遅れるのは間違いないね。
ほかにもあるよ、見る?」
≫≫≫ [初公開!内部構造:ドラゴンE-100] の続きを読む                            

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。