戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒルドルブ完成 : YMT-05 HILDOLFR
出戻り6作目、ヒルドルブ完成です。
ヒルドルブ完成後ろ姿
今回の完成はヤッターバンザーイ!って気持ちになれなくて、すっきりしない完成です。
これ以上は自分自身が技術的なブレイクスルー、あるいは精神的な成長をしないとどうしようもないと感じます。

hirudorubu完成披露

常に新しい試みで作っていますので、少しずつはどこかしら進歩していることでしょう。
神業のレベルの先人たちのような作品が作れるようになることを夢見て・・・

スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

FREEDOMカップヌードル:ヒルドルブ
夕焼け空に明日を見つめて
フィギュアは作る技術がないので、カップヌードルのおまけフィギュアと一緒にパチッ!

ヒルドルブの上でカップヌードルを食う
「あー腹へった」

ヒルドルブの上で食べ終わる
「食った食った」

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

突っ込みどころpart2 どんだけ~:ヒルドルブ
ヒルドルブのモデルスケールは1/144となっています。
設定によれば、
地上戦艦撃破用対艦戦車として開発され
全長35.3メートル
全幅14.7メートルの巨体です。

ヒルドルブ1/144?
同スケールのSタンクとキット付属のパイロット&整備士

キャタピラ部バケットエクスキュベータ
クルップ社バケットホイールエクスカベータのキャタピラ部

まるで巨大アースムーバー(土木機械)の世界です。
それでいて、最高走行速度は110㎞/h !!!
歩くぐらいの速度がいいとこだろ!

そこで重量をみてみると・・・
≫≫≫ [突っ込みどころpart2 どんだけ~:ヒルドルブ] の続きを読む                            

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

突っ込みどころ満載:ヒルドルブ
砂漠の夕焼け:ヒルドルブ
1680×1050

突っ込みどころ満載のヒルドルブ。
劇中では、ザクの腕に引っかかり走行不能になっていました。
ザクの腕ごときを乗り越えられないなど笑止。
なんのためにキャタピラが6輪もついているんだ!ってなものです。
≫≫≫ [突っ込みどころ満載:ヒルドルブ] の続きを読む                            

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

頭の中だけでは行き詰まる
汚し塗装を続けていると、行き詰まりますね。
頭の中だけで想像力のみに頼っていたら、わからなくなってきました。
ヒルドルブ斜め上右前から

実車写真なり、模範とする作例なりをそばにおいて塗るべきなのでしょう。
汚れの根拠があやふやだと、だんだん自信がなくなります。
たとえ、変な感じの汚れでも、
「実物がこうなんだから、こうだ」と確信があって塗れると
出来上がりを見る目もまったく違ってくるから不思議です。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

これってどれくらいの大きさなの?:ヒルドルブ
モデラーでない一般の人や、女性にとっては
模型の大きさがわからないみたいです。
写真を見て「これってどれくらいの大きさなの?」という質問が多いので
これからは比較用の写真もアップすることにします。
コインとの比較ヒルドルブ

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

エナメル塗料でプラが冒される:ヒルドルブ

雑誌等で、エナメル塗料がプラスチックを溶かすとの記事をみたことがありましたが、「まさかそんなことがあるもんかい、昔からタミヤの戦車はエナメル塗料でしか塗ったことはなかったんじゃ」と思っていました。
が!、ガンプラにエナメル塗料は厳禁です。
油圧ショベルのアームの間接はすべてぼろぼろになってしまいました(よけいな手間が増えたわい)。
すでにご存知の方には「ふん、何を今更」との思いでしょうが、何事も自分で体験するまで信じない性分なもので。ヒルドルブ完成後の真正面

≫≫≫ [エナメル塗料でプラが冒される:ヒルドルブ] の続きを読む                            

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

作為の無作為:ヒルドルブ
手の込んだ作品を作っているときや、
表現手段で壁にぶち当たったときは、
長い長い出口の見えないトンネルに疲れを感じて、
気晴らしに、スカッと完成の喜びを味わいたくなるもの。
素組で簡単にできるやつ。
そういうとき、よく選ばれるのがソビエト戦車。
ヒルドルブ上面
今回は、それがヒルドルブでありました。
「架空の戦車だから、実物と比較する必要もなし。好き放題につくって完成の喜びを味わいたい」と思っていたものの
けっこう泥沼にはまりました。

ヒルドルブアップ


≫≫≫ [作為の無作為:ヒルドルブ] の続きを読む                            

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

BANDAI ヒルドルブ その後
空とヒルドルブ斜め後ろ
砂漠仕様のヒルドルブとして製作中です。

この戦車は、自走砲ですね。
砲旋回できない構造なんです。
ヒルドルブ後方支援体勢
両肩の油圧ショベルと後部のドーザーブレードをつかって壕を掘り
車体を隠して砲身部のみを地面からのぞかせながら戦うのでしょう。
ヒルドルブボディ上面
ボディ上面にはお決まりの滑り止めが施されています。
ヒルドルブ左斜め後ろ水平射撃

ヒルドルブ左斜め前正統派写真
この戦車を設計したのはおそらくStrv103(Sタンク)Strv2000を設計したスウェーデン人の末裔であろうと思われます。
ヒルドルブ下から見上げる


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

BANDAI ヒルドルブ
ヒルドルブアイアン錆び下塗り
現在製作中のヒルドルブ。
一般的AFVファンにはなんだかわからない車両かもしれませんが、
これ、ガンダムに登場するもビルアーマーらしいです。
詳しくはこちらを参照:ヒルドルブ(Wikipedia)
劇中での活躍は、ここで見れるようです。
模型としてのスケールは1/144になっていますが、
あまりに無理のある設定ですので
1/35として構築中です。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。