戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
完成 ヘッツアーCSR
イタレリのヘッツアー、ほぼ見本にした画像の通りに完成です。
完成イタレリヘッツアー7

スプロケットの歯など見ていただけば分かる通り完璧ではありません。
完璧をめざすならば、そもそもキットの選定から異なるはずです。
そうではなくて、まず、素材ありきでそれをどのようにして魅力的な作品に料理するかというのが、今回のテーマでした。
≫≫≫ [完成 ヘッツアーCSR] の続きを読む                            
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

ヘッツアーCSR仕様
イタレリヘッツアーはシルバーの上からクリアブルーを塗りました。
金属感のある仕上げになれば面白いなと考えたからです。
イタレリヘッツアー0

製作しようとしているのは、この本の表紙を飾るこの車輌です。
ヘッツアーブック
≫≫≫ [ヘッツアーCSR仕様] の続きを読む                            

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

イタレリのヘッツアー
タミヤのエッチングパーツ付きヘッツアーは7000円オーバーです。
それと比較するとイタレリヘッツアーが安く思えて飛びついてしまいました。

中身は独特の味わいのあるちょっと昔のキットといった趣です。
最新の現代キットのように正確ではないかもしれませんが、そう悪くもないと思います。
個性と捉えて、それをうまく活かせば良いのです。
イタレリベース
サスはシーソー式ではありますが、可動に組むことが出来ます。

キャタを見て「あっちゃー!」です。
現代レベルではとても使うことが出来そうにありません。
イタレリヘッツアーキャタ
安いと思ったキットが、むしろ金食い虫に変貌する瞬間に自らの浅はかさに気付くのです。

どことなくサンダーバードライクなフィギュアが付属しています。
久しぶりに出逢う強烈な個性。
イタレリヘッツアーフィギュア


このキットをCSR(チェコスロバキア共和国反乱軍)仕様で作ってみたいと思います。
≫≫≫ [イタレリのヘッツアー] の続きを読む                            

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。