戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
完成写真あれこれ
パンサープロトタイプ

・延長フェンダーを留める蝶ネジを作り替えるか、最低でもちょっとひねってあげるとさらに良いかと。
(早くから気づいてはいたものの、強度重視で結局そのままに)

・車長ハッチが下がっている点が残念。
(撮影するときは慌てがち。じっくり落ち着いて、問題点がないか観察すべきですね。連結可動キャタのたるみなどは自然な垂れ下がりになるよう被写体を動かすたびにチェックしないと使えない写真が大量に出来上がることになる)

・車体前面の向かって左上に貼られているコード表のようなものの厚みがちょっと厚すぎた。
(紙を割いて薄くしたつもりが、まだまだ厚い)

・塗料を厚く塗りすぎたのか、エッジが全体にぬるい。スプロケットあたりはアウト。

以上、この写真から判断する製作者の反省点です。

スポンサーサイト
完成パンサーD
完成しました。
完成パンサーディ
九州AFVの会の会場でお会いしましょう。

ハイドレンジャーパンサー
ここまで油彩は避けていましたが(乾燥に時間を要するから)、ついに投入します。
ハイドレンジャーブルーにてさらにド派手に全体に陰つけを追加しました。
ハイドレンジャーパンサー1
これの意図するところは、・・・通常、陰になるところは暗い色を塗りますが、それだとどうしても暗めの色の多い仕上がりイコール「地味」になってしまいます。そこで、日の当たらない暗い部分は反射で色味が飛ばない分、本来の色が出ているのであると定義して、ジャーマングレイの中の青み成分を利用し、その色をより強調するかたちで彩度の比較的高め(あくまでも比較的ですよ)のブルーを塗ることで、美しさを保ちつつ、ありがちなジャーマングレイ作品とは一味違った印象を醸し出すこともできるというわけなのです。
これはアニメなどにもよく見られる色使いの手法で、戦車に適用する例が少ないというだけでわりとポピュラーだと思ってます。
ハイドレンジャーパンサー2
ハイドレンジャーパンサー3
負け戦になりそうな旅路
ホワイトをかけた上から何をしようかと思案しましたが、とりあえずスミ入れ塗料グレイをあちこちに流してみます。
その後、フィールドブルーで陰をつける意識で色を入れましたが、これが失敗でした。
プロトタイプパンディ0
フィールドブルーという汚い色を使ってしまったのが敗着になってしまいそうです。
(それにしてもデジカメはグレイな物体に弱いのか、現状を正しく写さないと感じています。実際は青みのあるグレイです。)
プロトタイプパンディ1

砲塔のみはフィールドブルーの使用を控え、クリアブルーにて陰つけを行いました。
プロトタイプパンディ2

ここで、なんとまあ!全身にクリアを塗ってしまうわけです。
プロトタイプパンディ3

ヨーロッパの土の色とはちがうと思いつつも明るいサンド系の色にて泥汚れを加えました。
プロトタイプパンディ4
実物はすごく汚くて、この段階では負け戦の様相が濃いです。
さて、どのようにリカバリーしたものか。
ここから逆転できるのでしょうか。

とりあえず、写真の印象と実物は異なるということだけは申し添えておきましょう。



パンサーD型 ウエザリング開始
アルミホイルはきわめて色乗りが悪いので、金属用プライマーを塗っておきます。
プロトタイプパンサー96
調色した色をラッカー溶剤で塗ります。
当然、盛り上がったところには色が乗りにくいので、このあとさらに重ね塗りをしました。
プロトタイプパンサー97
それでも十分とは言えないので、さらにアクリル系で塗ります。タミヤアクリルのつや消しの強さは、布の質感にはもってこいです。
プロトタイプパンサー98いつの間にか、キューポラが失くなっていました。どんなに探しても見つからない。こんなに大きな部品がなぜだ! 仕方がないのでドラゴンのキットから調達しました。このパーツ、結構手間がかかるんだよ(T . T)

ここからは、車体の塗装です。
新車に近い車両をどのように汚すか?これは現用戦車などでも頭を悩ます問題ですが、汚れていないと思うのは単なる思い込み=先入観というもので、アスファルトの上を走る自動車でさえ一ヶ月洗車しなければ、それなりに汚れてしまいます。いわんや未舗装を走る戦車がホコリや泥と無縁でいられましょうか。

フラットホワイトを水で薄めて、垂直面および斜めの面にレインマーカー的にフィルターしました。
これによって情報量が増えると同時に、カラーフィルターするときの発色を上げる効果が狙えます。
プロトタイプパンサー99

さあ、今日と明日でなんとか塗りあげてしまわねばなりません。

展示会に出すといふこと
ついに九州AFVの会まで一週間を切りました。
展示会に自分の作品を出展するということはどんな意味を持つのでしょう。

それは自分の作品に対する客観性を手にいれることに尽きると思います。
自分の部屋や作業場の中だけで完結する世界は、ネットや本でいかに情報を取り入れようとも、自分だけの王国であるといえます。
どういうわけだか、バーチャルな比較だけでは自分の世界からはみ出すことが困難なようなのです。
(そこは自己で完結する幸せな世界でもあるのですが)

実際に他者の作品の中に自分の作品を置いてみる。
これがじつにセンス・オブ・ワンダーな体験なんです。
工作の仕方が、塗装が、力の入れどころが、もうじつに様々なのですね。
自分の考えとはまったく異なる「モノ」がそこにはいっぱいある。
ありていに言えば異星人の作品群に紛れ込んだかのような感覚があるわけです。
「ああ、作り方って星の数ほどあるんだな」
自分の考えだけが唯一正しい制作思想であるとは言えないことに気づかされる。
これがおもしろいのです。
こころに新しい風が吹いてくるのです。
こんな体験、みなさんもいかが?

さあ、渾身の作品を一個だけでもよいから置いてみようではありませんか。
そこから開けてくる新しい世界や、新しい思いをまた次の作品にぶつけてみてはいかがでしょう。


さて、塗装の続きです。
シルバーの上から、スカイグレイに似た色を車体色として塗装しました。
スカイグレイより明度がやや高く、彩度もすこし高めの青みがかったグレイです。
青みをすこし増した色を後付けの小さなパーツには塗っていますので、全体としてはツートン仕上げとなっています。
進捗パンサーd2
小さなパーツの中では、ボッシュライトに手がかかりました。
通常のボッシュライトの開口部とはやや形状が異なるスリットになっていると判断しましたので、それの再現に努めました。

砲身と防盾にかけられたシートを再現しようとしています。
使用したのは、タバコの箱の内側にあるアルミ紙です。
進捗パンサーd
砲身部分はこのままで良しとしますが、防盾部は、アルミ紙の反力があってうまく形ができません。
材料をアルミ箔に変更してやってみようと思います。

シルバー立ち上げ
OVM取り付け金具ベースは、車体に接着してからヤスリました。
塗るパンディ3

どうにも塗装を始めないと気分が乗ってこないので、この状態で塗り始めます。
副次的な効果として、細かいところまで完成させても、塗装中に壊れてしまい作り直しになる二度手間を避けることもできます。
キャタピララックには最初、失望させられましたが、意外に正確なのかもと考えを改め、タミヤ純正を削り込むことで対応しました。
塗るパンディ2

ラッカー系で下塗りをおこないます。
今回は「アルミ」を使ってみました。シルバー立ち上げということになります。
塗るパンディ
下地の色は、かならず上塗りに影響を与えます。
暗い色を塗ってしまうと、どうしても上塗りの発色は抑えられてしまいます。
ホワイト立ち上げは、四号対空戦車で試みている最中です。
明るめの金属色という選択からアルミを塗ってみました。


タミヤ パンサーD型の足回り
パンサーDのスプロケットにはちょっと手を入れて極初期型に。
足回りパンサー5

ロードホイールの中央側の形状も極初期の一部に見られた形に。
足回りパンサー6

塗装は全てベースをシルバーで塗り、ブルー系の強目の色で塗ります。
足回りパンサー7

車体色は明度を高く保ったブルー系に調色した色で塗ります。
足回りパンサー8

アイドラーの位置は組み立て説明書通りの標準位置ですが、ちょっとゆるいようです。
反対側はかなりゆるくなりましたので、ひとノッチ動かしています。
(言葉にすれば簡単なのですが、接着した後だったので悪戦苦闘しました)
足回りパンサー9


『 「ママ!パパ!」
 私は思いきり叫んだが、二人に私の声は聞こえなかった。家族の姿がだんだんと小さくか細くなり、夜の闇にきえていった。
 そのときだった。私の後ろから、まるで大型除雪ショベルカーで氷を掻き出すときのような空を切り裂く音が聞こえた。私は地面に倒れたまま、振り返って自宅を見た。
 私たちが住んでいた家の屋根の上を飛んでいたのは灰色の鋼鉄でできたF-117空爆機の3機編隊だった。私の真上で灰色の鉄でできた腹部を開き、2本のレーザーに誘導されたミサイルが私の家族、友人、隣人—つまりそれまでの私が知るすべてを標的にして撃たれるのを恐怖の眼差しで見ていた。
 その次の瞬間の出来事は今も忘れることができない。』

ノバク・ジョコビッチ著 『ジョコビッチの生まれ変わる食事』(2015)三五館より。


パンサーD タミヤ可動キャタの塗装
まずはシルバーをベースに塗ります。
dキャタ1

タミヤのダークアイアン履帯色とフラットホワイトを混ぜて塗ります。
ほぼグレイな色味になりましたね、なぜか。
dキャタ2

サビっぽい色(リノリウム甲板色+オレンジ)をさらさらに薄めたものと
フラットホワイトをさらさらに薄めたものでまだらに汚しを入れます。
さらにフラットホワイトでスプラッシュ(飛沫)を入れました。
dキャタ3
物足りないですが、ここでストップしておきます。
あまりやりすぎると、いつもの仕上がりと同じになってしまいますので。
それに今回は新しめのキャタの設定ですので。
あなたはもう霊に会いましたか(^ ^)
久々にタイトルだけで笑える本に出会ってしまいました。
なんと!
『私は性霊に犯された!!』 です!(笑)
精霊
実はわたし、幽霊の類は見たこともないので、全く信じていないのです。
しかしながら、仮に実在するとすれば、それは人間のうちの肉体から離れた「魂」と呼ばれる部分でしょう?
わたしの理解だとそれはたいして質量のないもの、ふわふわしたモヤのようなものだという認識です。
その実体のないものに犯されるってどういうことなのか、と想像します。
どうして犯されたとわかるのか?
圧力でも感じるのか?
質量の極端に少ない物体で圧力を感じさせるには相当の加速度が必要ではないか?
自分の脳内の意識レベルだけでの問題なら、夢とどう区別するのか?
それだったら犯されたって実害があるのか?
他者に対して証明のしようがあるのか?
う〜ん、不思議な感じがします。
どなたか幽霊とヤったひと、います?


さて、
タミヤのパンサー初期型用連結可動キャタを組みました。
表面のディテールはこんなふうです。
サイドのリブが省略されていますね。
また、押し出しピン跡が接着剤を流しても残ってなお残っています。
精霊4

これはガイドホーンのパーツには押し出しピン跡があって、これを処理せずにそのまま接着してしまったことが原因です。
精霊3最終的に車両に取り付けた状態で、どうしても見えてしまう部分だけ対処することにしましょう。

キャタピラ裏面は、押し出しピン跡を瞬間接着剤とヤスリで処理しました。
精霊2
連結は思ったより強く、タミヤらしく強度重視の仕上がりです。


もし霊が本当にいるのなら、戦争で亡くなった人たちの霊が総動員で、いまあぶないことをやらかそうとしている指導者たちを呪ってほしいのですが。


タミヤのパンサーD型ことはじめ
 戦車模型さえ、おちおち作って遊べないような不穏な世の中になっていく気配がある今日この頃。
 突如登場したタミヤの新キット、パンサーD型ですが、部品分割など新しいアイディアが取り入れられた意欲的な製品です。
シルエット的にすんなりパンサーのイメージに合致する素晴らしいプロポーション。
バリエーションとしてA型にも発展できそうなランナー構成。
タミヤらしい確実感、安心感をもって組むことができる好キットだと思います。

 ところが、すべてのパンサーキットに普遍的な弱点もきっちりと備わっていました。
車体と砲塔のスキマが大きく空いてしまうのです。
砲塔リングパンサー
実車も車体上面に接触しているわけではなく、砲塔は浮いているのですが、それはほんのわずかです。
1/35スケールにすれば、紙一枚程度。
ほとんどスキマとして考えなくてもよいのではないか、というのがわたしのスタンスです。
今度のタミヤのキットを素直に組めば、おそらく砲塔後端にいくにしたがって斜め上がりに大きなスキマが発生するはず。
これはみっともない。

そこで、まずは原因の一つである車体上面の反りを修正。
次に、ターレットリングを根元でぶった切り、削って付け直しました。
≫≫≫ [タミヤのパンサーD型ことはじめ] の続きを読む                            
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。