戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BANDAI ヒルドルブ その後
空とヒルドルブ斜め後ろ
砂漠仕様のヒルドルブとして製作中です。

この戦車は、自走砲ですね。
砲旋回できない構造なんです。
ヒルドルブ後方支援体勢
両肩の油圧ショベルと後部のドーザーブレードをつかって壕を掘り
車体を隠して砲身部のみを地面からのぞかせながら戦うのでしょう。
ヒルドルブボディ上面
ボディ上面にはお決まりの滑り止めが施されています。
ヒルドルブ左斜め後ろ水平射撃

ヒルドルブ左斜め前正統派写真
この戦車を設計したのはおそらくStrv103(Sタンク)Strv2000を設計したスウェーデン人の末裔であろうと思われます。
ヒルドルブ下から見上げる


スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

タイガー1型 写真追加
タイガ-1型斜め後ろ
前回からさらにマーキングを追加と、
足回りの塗装をやり直しました。

タイガー1型斜め前

タイガー1型まえ

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

TAMIYA タイガー1型
出戻り5作目、タミヤのタイガー1型です。(4作目は初回登場のキングタイガー)
もちろん、最新キットではなくモーターライズ時代のもの。
車体底面の刻印は1970年となっています。
タイガー1型現時点でのベスとショット、転輪塗装途中

タイガ-1型も
今では、タミヤ、ドラゴン、AFVクラブなどから、前期、後期型の各種が出ていますが、当時はタミヤの初期型オンリーでした。
後にマイナーながらもオオタキから出ていたのですが、持ってる方いらっしゃるでしょうか?
というわけで、
いまさらタミヤの旧キットを全力で作る気力もおこらず、
お手軽に工作を済ませられる「製造過程シリーズ」第二弾となりました。
錆び止め塗装を施した状態を再現し、
例のごとく、キャタピラは取り付けていません。
キットの砲身の出来が非常に悪かったので、
今回は砲身さえなしです。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

TAMIYA パンサー中戦車 迷彩追加
パンサー中戦車砲口改造
25年前完成の、しかし当時としては入魂のパンサー中戦車ですが、迷彩がないのは変だと思い直しました。
新車状態で、貨車に載せられて前線へ運ばれるときならば、まだしも、かなりのバトルダメージのはいった車両ならば塗装されていて当然では?
という訳で、グリーンの迷彩を追加し、
砲口の改造も加えました。
パンサー中戦車迷彩追加

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

BANDAI ヒルドルブ
ヒルドルブアイアン錆び下塗り
現在製作中のヒルドルブ。
一般的AFVファンにはなんだかわからない車両かもしれませんが、
これ、ガンダムに登場するもビルアーマーらしいです。
詳しくはこちらを参照:ヒルドルブ(Wikipedia)
劇中での活躍は、ここで見れるようです。
模型としてのスケールは1/144になっていますが、
あまりに無理のある設定ですので
1/35として構築中です。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

TAMIYA パンサー中戦車
記念碑的作品パンサー中戦車

記念碑的作品、タミヤ、パンサー中戦車です。
初めて写真資料を見ながら作りました。
はじめて、(当時の私にとっては)大掛かりな改造をした作品でした。
あれやこれやと、
どうやったら、どんな材料を使ったら、実現できるのか
考え考え、
技術的限界に挑戦し続けて、
やっと(当時としては)満足できる作品になったのでした。

パンサーといえば、
当時、タミヤのA型かニチモのG型しか存在しませんでした。
ちなみに今、このタミヤのキットを店頭で見ると
これをまともに仕上げるとすれば、すごく上級者向けだなあという印象です。
いろんなパーツを投入すれば、
ドラゴンの最新キットより高価になるでしょう。
挑戦心のある上級者が技術を競うための素材として好適。
ほかのキットからパーツを流用しないルールで
「パンサー中戦車コンテスト」もどうかなあ。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

ITALERI レオパルド2
出戻り3作目、
イタレリのレオパルド2です。
ヘタレリと揶揄する方もいるようですが、エッシーと比較すれば雲泥の差。
すっごくかっちりとできています。
ところが、それを頼ってきちんとディテールアップをしないと
出来上がりは、部分的にエッシーに劣るものとなってしまいました。
イタレリレオパルド2アップ
カモフラージュネットをつけて完成予定としていたため、手すりなど隠れてしまうところはキットのまま。
非常に目立つ防盾部のラインも消さずじまいです。

夜のイタレリレオパルド2

イタレリレオパルド2正面

モノクロ化するなど、情報量を落とすことで、より本物らしく見えるのは
その落とした情報の中に
模型っぽさを感じさせる何かがあるということ。
レオパルド2白黒イタレリ
リアルさを追求する道は、まだまだ遠く先へ続いているようです。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

TAMIYA チャレンジャー
出戻り2作目は、チャレンジャーです。
やっぱりイギリスの戦車は正統派ですなあ。
たたずまいが違います。
チャレンジャー斜め前
すべての部品がかっこいい。
センチュリオンから続く、正統派戦車のかっこよさをイギリス人設計者は知っているにちがいありません(同時にカビ臭い伝統を守ることも)。
第二次世界大戦中に現れた戦車の中で、最良のものはパンターなどではなく
センチュリオンだと個人的には思っています。
基本設計はこんにちのチャレンジャー2まで持ちこたえているのですから。
チャレンジャー後方

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

ESCI レオパルド2
出戻り製作開始、一作目がエッシーのレオパルド2。
エッシーレオパルド2

結構、難物に感じました。
車体がねじれているなんていうのは当たり前なのでしょうか。
ヒケ、エクボの嵐。みなさん慣れっこ?
ディテールのモールドはあまあま。どうにかしろって?
いつも考え考え、自分の技術の限界に挑戦しつつ組上げるものですから
製作ペースは、半年に1輛とか、1年で1輛とかになってしまいます。
レオパルド2エッシー

エッシーレオパルド2正面

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

TAMIYA M113A1ファイアーサポート
M113全体

高校生の時からずっと断絶していたように思っていましたが、
大学生のとき
下宿先でさくっと素組したM113がありました。
手をかけないで作ったものは愛着が薄いのですね。

M113ファイアーサポート、ボーグ星人車長
ボーグ星人が車長を務めます
≫≫≫ [TAMIYA M113A1ファイアーサポート] の続きを読む                            

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

TAMIYA キングタイガー
キングタイガーアップ


タミヤのキングタイガーです。
最近のものではありませんよ。
モーターライズ時代のリモコンで遊んでいたキングタイガーなのです。
誰も作れないようなパーフェクトなキングタイガーを作ってやろうという野望のもとに買い込んだものでしたが、
浦島太郎モデラーが、
現在の模型界に舞い戻ってみると
ドラゴンやらタミヤの新しいキットが発売されているではありませんか!
従って戦意喪失。
1000円やそこらのキットに高額なキャタピラやエッチングパーツを投入しても最新の考証によって最新の技術で作られた新キットに
コストパフォーマンスで負けるでしょう。
そこで
キャタピラを使わない模型形式の提案をしてみました。
tamiyaキングタイガー
こんな戦車があるもんかいというご意見には、以下の設定をでっち上げております。
≫≫≫ [TAMIYA キングタイガー] の続きを読む                            

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。