戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
放置プレイシリーズ:トランぺッター AS90
放置プレイ中AS90
どこまで続くのかこのシリーズ?!

トランぺッター AS90は1年半あまり放置中。
砲身のジャバラ部の表現方法で行き詰まり、手が止まってしまいました。
ネット上で探してみましたが、この部分を実車のように再現した完成品は見当たらないようです。
エイエス90
このように弛んでいるのが正解
エイエス90


ほかの部分を作ったらどうなんだ!と突っ込まれそうですが、
取りかかるのはもうしばらくあとになりそうです。
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

放置プレイシリーズ:ニチモ パンサーG型
放置プレイ中ニチモパンサー

ニチモのパンサーも20年以上の放置プレイ中。
これもデフォルメが効いてて、車体のノーズがかなり長い(そのうち比較写真載せますね)。
起動輪も大きくてカステン等の他社製キャタピラはピッチが合いません。
そして、砲塔は小さくできていて、
標準レンズで撮影して、広角レンズで撮ったような迫力を出せるすばらしいキットです。
えっ?そう思わないって?
こいつはいつか必ず完成させますよ。
パンサーはライフワークなんです!

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

放置プレイシリーズ:タミヤ シャーマン戦車
人は心血注いだ代表作を一生のうち、何作ぐらい作れるものでしょう。
仕事や家庭にも多くの時間を割くからには、
そんなに多くの作品を残せないのではないか。
技量の円熟と気力の充実を同時に満たす期間はそう長くない。
そう考えると、本当に強く作りたいと願うものだけを作るべきでありましょう。
放置プレイ中シャーマン

タミヤのシャーマンも20年以上の放置車輌。
買ってはみたものの、どうしてもこのカタチが好きになれないんです。
素人である妻さえ、見た瞬間バカにしてました。

このハズした感じがたまらないのもわからないではありませんが。
このキットに関しては、
まだしばらく(もしくは永遠に)「ごめんなさい」しておきます。
放置プレイシリーズ:ニチモ エレファント
プラモデルのブログを書いているモデラーの多くは
作業の進展があまりなく、
更新の頻度が少なくなることに悩んでいるのではないでしょうか。
放置プレイ中エレファント

できれば作業中の様子は公開せずに、ある程度完成を見せたきれいな写真ばかりで構成したいと思っていましたが、プラモデルばかりを作って生活しているわけにもいかず、
更新ははかどらないのが実情です。

そこで、手を付けたまま未完となっている歴史的(?)モデルをご紹介。
ニチモのエレファントは20年以上の長期放置プレイ中。
≫≫≫ [放置プレイシリーズ:ニチモ エレファント] の続きを読む                            

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

作為の無作為:ヒルドルブ
手の込んだ作品を作っているときや、
表現手段で壁にぶち当たったときは、
長い長い出口の見えないトンネルに疲れを感じて、
気晴らしに、スカッと完成の喜びを味わいたくなるもの。
素組で簡単にできるやつ。
そういうとき、よく選ばれるのがソビエト戦車。
ヒルドルブ上面
今回は、それがヒルドルブでありました。
「架空の戦車だから、実物と比較する必要もなし。好き放題につくって完成の喜びを味わいたい」と思っていたものの
けっこう泥沼にはまりました。

ヒルドルブアップ


≫≫≫ [作為の無作為:ヒルドルブ] の続きを読む                            

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

下手なスミ入れ休むに似たり
スミ入れは、リアルに見せるためにどこまで有効だろう。

ヒルドルブのようなサンド色の車体に
スミ入れを施すべきなのでしょうか。
1/35の模型として見せる場合、ディテールを引き立たせ、精密感を出す効果がありますが、
1/1として見せたいとき、「実車のどこにそんな線がある?」という疑問が沸々とわき上がります。
全体にスミ入れしたとき、クローズアップで見れば
まさに、これは模型ですって語っているような不自然さが生まれてしまうのでは?
さびや油汚れや泥汚れがたまるべきところにのみ、
それぞれの色を用いて、凹部によごれをためる方が自然なのでは?

悩む時間は結構多いです。
その間、作業はずっと中断し
写真や、他の方の作例や、実車のブルドーザーやらを眺めつつ
成功に近くなる塗装法を考えつつ
おそるおそるやってみるのでした・・・

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

戦車模型撮影の理想
まだまだ模型の撮影法を(デジカメの新規購入も含めて)模索中です。

理想とするのは、
できるだけリアルな戦車を写真上で再現すること。

1/35スケールの模型を1/1として見せたい。
「これってどう見ても本物でしょ?」
なんて言ってもらえる写真が撮れたら最高です。
≫≫≫ [戦車模型撮影の理想] の続きを読む                            

テーマ:マクロレンズで撮った写真 - ジャンル:写真

copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。