戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
砲塔形状の迷宮

三次元の表面形状を再現するのは難しい。
極めて難しいと思います。
長時間を費やしてこれで完璧という形状に仕上げていても、数ヶ月経って箱の中から出してみると、そこにはまた新たな形状把握の見落としが見つかってしまうことがしばしばです。
開発に期限のあるメーカーの技術者などは、ほんと大変だなあと感心するばかりです。

足りない部分はこちらで補ってあげることにしましょう。
conquere12.jpg

コンカラーの鋳造砲塔は、個体によりあるいはロットによる形状差が大きいように思います。
写真によって様々な細部の形状差が認められるのです。
conquer11.jpg

表面テクスチャは、最近お気に入りの「黒い瞬着」を使います。
塗りたくって乾燥させれば、パテや接着剤で仕上げたものとはまた異なる格別の質感が得られます。
コンカラー砲塔右側面

コンカラー砲塔左側面
コメント
この記事へのコメント
これは良い鋳物ですね
表面荒れな感じを再現するにはこの接着剤素晴らしい!
2015/06/13 (土) 18:52:18 | URL | 同志99 #-[ 編集]
同志99 さんへ
コメントありがとうございます。

鋳造工場で働かれていた同志99さんから、そのような言葉がもらえるとうれしいですね。

黒い瞬着は、基本的には塗るだけでこのような質感が得られますが、まったく扱ったことがない場合には多少の経験が必要でしょう。
塗る厚みが薄すぎると効果が半減することもあります。

たんにうねりだけが欲しい場合は、高粘度の瞬間接着剤で代用できます。
わずかな段差を消すためのパテ代わりにも重宝しています。
2015/06/14 (日) 09:27:55 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。