戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現実を見よ! 戦争ごっこは金がかかる
イギリス陸軍は数年後には5万人程度に規模が縮小されるという(2015年6月8日読売新聞11面)。
それに対して
日本の陸上自衛隊は約15万人。(それみんな税金なんだけど)
イギリスは、もはやユーロ圏内での戦争など想定しなくて良いからだろう。

無駄な軍事費を抑えるイギリスと、国家財政は破綻寸前でありながら、消費税を10パーセントに上げてまで(さらにそれ以上にも!?)軍事大国化しようとする日本。
どちらが賢いのか。

周辺国と仲良くする気などさらさらなく、むしろ靖国参拝など刺激してばかりの安部首相は、国民に不利益をもたらしていると思う。



何をやってもイマイチなマーク4に劇薬のような施策をぶつけてみようと思います、
「クリアーを塗ったらどうなんだ」と。
手術前マーク4

ツヤが欲しい場合でも、これまで直接にクリアーを上からかけたことはありません。
1/35スケールでのツヤというのは、クリアーで作るものとは本質的に異なる質感だから。
KV-2やチャーチルで作ったツヤのある砲塔は、つや消しアクリルで塗った塗膜を指の腹で圧迫し、なでこすり、また皮膚の油脂類をこすりつけるなどすることで生じさせたものです。

さて、アクリルのクリアーを溶剤で薄めながら筆塗りしてみました。
なんということでしょう!
クリアーというのは、妙にねっとりとした質感を持ち、
刷毛目を残さずに塗ることはむずかしいではありませんか。
薄めるとクリアーの用を果たしません。

仕方なしにエナメルのクリアーをエアブラシで吹きました。
(なぜエナメルに変更したかといえば、アクリルのクリアーがあまりにも粘性が高いように感じたから)
ツヤありのマーク4
なんとなくおもしろくなってきました。
この状態を足がかりに、攻めていきたいと思います。
ツヤありマーク4



もはやアメリカは戦費破産状態にあるそうです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。