戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の支配者層の密かなるたくらみ(タコム マークIVの完成画像)
今日は晴れわたりました。
青い空が続き、夏の雲が浮かんでいます。
もう梅雨が明けたようです。いくらかのセミが鳴き始めていますから。
(天気予報よりも昆虫を信じているわたし)

やっと晴れたところで写真を撮ることができました。
マーク4の完成画1

マーク4の完成画2

マーク4の完成画3

マーク4の完成画4

マーク4の完成画5

マーク4の完成画6
ツヤは残っているのですが、写真ではまったくわかりませんね。
残念!
なんだかパッとしない作品になってしまい不満が残ってしまいました。
梅雨も明けたことですし、次回作はスカッといきたいものです。





さて、自分は支配者層でもないのに支配者層と一緒になってものを言っている人たちがいるように見受けられますが(笑)、よくよく立場を考えてもらいたい。
「あなたたちは駒なのですよ」と。
戦争になれば、ほとんどの人たちは駒になります。
国民保護法という名前ですが、その実、国民に強制を迫り人権、財産権をないがしろにする法律もちゃんとできちゃってますからね。









『 現代日本における政治権力が、戦前からの特権階級や、二世、三世の議員らで占められている事実は誰にも否定できない。
二〇〇五年十月に発足した第三次小泉内閣だけを取り出しても、小泉首相以下、麻生太郎外相、中川昭一農水相、谷垣禎一財務相、安倍晋三官房長官……と世襲政治家のオンパレード。
石破茂・前防衛庁長官や福田康夫・元官房長官らも同様だ。
ポスト小泉と言われる〝麻垣康三〟(麻生、谷垣、福田、安倍の各氏)の全員が二世議員であることに注目されたい。
 彼らはそれでも、先代が有名だった分だけわかりやすい。
戦前戦中に国民の言論や思想を徹底的に弾圧し、「はじめに」で触れた横浜事件を引き起こしたり、プロレタリア小説『蟹工船』を書いた小林多喜二を拷問で殺した特高警察(特別高等警察)官たちの血脈が、二十一世紀に至ってまでも、そのまま権力中枢に温存されている現実が、広く一般に周知されておかれるべきだろう。
 町村信孝・前外相、保岡興治・元法相、奥野信亮・自民党組織本部組織局次長、古屋圭司・元自民党改革実行本部本部長代理、高村正彦・元外相……。
政治家たちだけではない。中央省庁の高級官僚、地方議員、各地の教育委員会など、ありとあらゆる権力機構に、今なお、特高警察は根を下ろし続けているのだ(柳河瀬清『告発 戦後の特高警察』機関紙出版、二〇〇五年)。
 小林節・慶応義塾大学教授の言葉が想起された。
「自民党の二世、三世たちというのは、一億三千万人の国民が残るなら、三千人の部隊の消耗は必要コストのうちだという、こういう感覚があるんだよ。
間違って侵略戦争をする方が、侵略されて滅びるよりはいい、とかね。
どこまでも自分は死なない、ゲーム感覚なんですね。
私自身は金持ちの子でもないのに、一緒になって言っていたわけだから、よくわかる。
私も、しかし、年を取ってわかってきたんです。
人間の命の重みをね。(以下略)』

斎藤貴男著 『ルポ 改憲潮流』(2006)岩波新書より。



コメント
この記事へのコメント
現在の日本には、石橋政嗣のような人材が
必要なんでしょう。
保守はザインとして存在するので、本質的な
強さが有る。そこにゾルレンとして切込む為
にはそれなりの戦略がなければ。
民主党政権時の様々な不始末は未だ日本国民
のトラウマになっている。そして現在がある。
現在も有能な人材は皆無ですしね。

と、かつての門前の小僧は思います。

閑話休題。
相変わらず色彩の巨匠の作品は凄まじいですね!
何をご謙遜w十分な存在感です。

2015/07/09 (木) 21:52:36 | URL | REV3 #Q7TRsPbs[ 編集]
いぁあ、ビックリするような写真ですね。
この世に存在する最強の光源「太陽」の威力!
リベットの陰が一つ一つにシャープに付いている。当方、今まで太陽光にタカをくぐってました。人工の光でこれだけに陰を付けるには
たぶん、模型が溶けちゃうんじゃないでしょうか。それと色再現はどうですか?

いずれにせよ、撮り方と工夫しだいで実物の様に写りますねぇ。
2015/07/12 (日) 00:02:12 | URL | デカマ #X.NmPtlw[ 編集]
REV3さんへ
まっとうなリベラル政党が欲しいと思う今日この頃です。
民主党も自民党と同じ穴のムジナ。
しょせんは第二自民党だと思ってます。

個人的には、戦争さえ阻止できれば、あとはよきに計らえなので、その点以外では関知したくないのですが。

戦前から脈々と続く悪しき思想が支配者層に共有されているから、またしても軍国化が始まるのでしょうか。
彼らが、何を考えているのかよくわからないのです。


>凄まじいですね!
え? そんな印象は受けないのですが???
どの写真が評価されているのかな(笑)。


2015/07/13 (月) 19:18:43 | URL | 宮崎一誠 #cXp81IFc[ 編集]
デッカーマ   ックスさんへ
太陽光の威力は、絶大ですよ。
撮影はとても楽しいです。
ときに見たこともないような画が手に入りますから。
設定を様々に変化させながら、とにかく数を多く撮影することが大事です。
1枚くらい当たりが混じっていますので。
一度お試しアレ。

色再現もカメラの設定次第ですね。
ホワイトバランスを撮影場所を変更するごとに手動できちんと合わせれば、だいたい合います。

ただカメラによって微妙な階調がうまく出せないというようなこともあるようです。

最終手段としては、パソコンに取り込んでから画像処理で実物の印象に近づけるしかないですね。


2015/07/13 (月) 19:30:53 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。