戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
銃口はやがて国民に向かう 制御不能なる暴力装置に至る可能性
『 それと余計な話かもしれないけれど、軍隊というものを日本人は知らなすぎます。
いまの自衛隊は軍隊ではないとあえていうのは、統帥権がないんですよ。
統帥権がないということは独断専行が許されないということです。
ところが軍隊に独断専行を許さないと戦争にならない。
軍隊が動くときに、いちいち政府におうかがいをたてていたら勝てませんよ。
軍隊とは勝つための組織だから。
そのためにはどうしたって独断専行を許さないと勝てません。
 逆にいうと、軍隊はある力をもったときは、いつだって内に向かうことができる。
ということは「軍隊からの安全」も考えなければならない。
いま右翼でも左翼でも「軍隊による安全」しか議論していませんが、軍隊からの安全ということをしっかり考えないと、たいへんですよこの国は。
 二・二六事件、五・一五事件など、あの恐ろしさで、いかに日本の政治がひん曲がったことか。
軍が脅しただけでどんどん日本の政治が変わりましたからね。
それが軍隊の力です。
そういうことをよく考えないで、「9条なんて早くすっ飛ばして」なんていう連中は何を考えているのかいなと思いますよ。』

半藤一利著 『いま戦争と平和を語る』(2010)日本経済新聞出版社より。



ノイバウ99
軍隊というものをかんたんに考えている人が多いからね。
制御不能になる可能性は考えておかないと。
もうひとつ、現在の法律では、自衛隊の最高指揮監督権は内閣総理大臣にある。
かりに「悪意ある人物」が総理大臣になった場合、政府の手先として使われる可能性がある。
われわれ国民に銃口を向けるかたちでね。

同様な例として、反政府的な活動が「テロ」というレッテルを貼られて容易に市民が警察に取り締まられる未来図もあるかもね。

ノイバウ100
コメント
この記事へのコメント
流石に今回の強行採決は拙速だと思いますね。
どんな金玉の握られ方されてんだ?と思います。
2015/07/15 (水) 22:04:29 | URL | REV3 #Q7TRsPbs[ 編集]
REV3さんへ
もっともです。
世論調査で多数が反対していることは明らか。
民意を反映しないならば、どこが民主主義なのでしょう。
2015/07/16 (木) 17:07:33 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。