戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タミヤのパンサーD型ことはじめ
 戦車模型さえ、おちおち作って遊べないような不穏な世の中になっていく気配がある今日この頃。
 突如登場したタミヤの新キット、パンサーD型ですが、部品分割など新しいアイディアが取り入れられた意欲的な製品です。
シルエット的にすんなりパンサーのイメージに合致する素晴らしいプロポーション。
バリエーションとしてA型にも発展できそうなランナー構成。
タミヤらしい確実感、安心感をもって組むことができる好キットだと思います。

 ところが、すべてのパンサーキットに普遍的な弱点もきっちりと備わっていました。
車体と砲塔のスキマが大きく空いてしまうのです。
砲塔リングパンサー
実車も車体上面に接触しているわけではなく、砲塔は浮いているのですが、それはほんのわずかです。
1/35スケールにすれば、紙一枚程度。
ほとんどスキマとして考えなくてもよいのではないか、というのがわたしのスタンスです。
今度のタミヤのキットを素直に組めば、おそらく砲塔後端にいくにしたがって斜め上がりに大きなスキマが発生するはず。
これはみっともない。

そこで、まずは原因の一つである車体上面の反りを修正。
次に、ターレットリングを根元でぶった切り、削って付け直しました。
実際の話、これでよいでしょ。
どうしてもだめなら、プラペーパーを挟み込んで少しあげてやればよいのでは。
パンサーd隙間

新しい部品分割でこの辺りに段差が集中します。
パンサーd砲塔1

気になるホイールは、
ゴムの盛り上がりが再現されているタイプ。
ただ、リムが一段窪んだところにあります。
もしかしてこれが、ツィタデレでゴムが外れまくったというホイール再現でしょうか??
pantherdホイール


別売りの連結可動キャタは、タミヤの伝統に則ってフチの厚いタイプ(笑)。
パーティングラインは残ってるものの、処理せずとも見えないようです。
連結ピンの周囲のみ処理が必要。
はめ込み式だけど、結合は案外しっかりしていて安心感があります。
パンサーdキャタ別売り

砲身はモナカではなくワンピース。とても助かります。
車体前面や、砲塔側面にほんの少しヒケがありました。神経質にならなければ、無視できる程度か。





『 ここで翻って現代日本社会を見てほしい。
戦争とは意気盛んな人々が巻き起こす「普通ではない」狂信的行為だという、ここにもまた「思い込み」がないだろうか。
しかし、女流美術家奉公隊に参加した女性画家の大部分は、意気軒昂というわけではなく、誘われたから何となく加わった者たちであった。
このような当時の女性画家と現代の私たちとの間には、大きなへだたりはないのではないだろうか。
 戦争とは、青天の霹靂のようにあるとき突然やってくるものではなく、「普通」に暮らしている私たちの生活に少しずつ忍び込み、気がついたときにはもう後戻りできないほど進行しているものである。
今日の日本の政治的・社会的状況を考えるとき、あの時代と似通った空気が漂っていることに大変な危機感を感じざるをえない。
戦後七十年を迎える今年、日本は歴史的な転換点を迎えている。
過去の戦争を通じて、ひとりひとりが自分の置かれている状況にしっかり向き合って、今一度考えてほしい。』

吉良智子著 『女性画家たちの戦争』(2015)平凡社新書 『おわりに』より。 
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
当方、まだ購入していませんが気になるホイル
他のサイトでも見たんですがゴム部の
段があるのは判ったんですが、一段高いんですね。宮崎さんの写真を見るとずいぶんおとなしいモールドですね。彫り込んでやればいいかな・・・
まぁ、うんざりする作業をしなくてすむのは良かったですが。
ここを再現したとなると今後タイガーのリニューアルでも段は再現されるでしょうから一安心です。と、言っても発売される頃には当方らは引退してるでしょうが(苦笑)。
2015/07/24 (金) 00:07:53 | URL | デカマ #X.NmPtlw[ 編集]
デカマさんへ
>一段高い

ホイールのリムが一段低いという感じでしょうか。
リムのところに0.14ミリか0.2ミリプラ板の細切を巻いてみようかとも想像しています。
ゴムのモールドは、これくらいでよいと感じました。
個人的にリムの方が気になってます。



2015/07/25 (土) 14:06:51 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。