戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モデラーと健康:重力を使え
模型作りというのは、椅子に座っての長時間作業が多い趣味です。
このことは、意識して骨密度や筋肉量を落とさないように気をつけないと、老後に支障をきたす可能性が高まります。
それゆえバランスのよい生活を心がけて、身体的負荷を与えるようにしましょう。
しかしながら、朗報です。
突然、ジョギングなどの強い運動しなければならないというわけでもありません。
ふだん、わたしたちが意識しない「重力」は、実際のところかなりの負荷であり、意識してそれをちょっと利用した動作などを生活の中に取り入れるだけで、加齢によるカルシウムや筋肉の減少を止めることができるそうなのです。
ドヤ顔

『歳をとるにつれて重力に屈服する度合いが大きくなり、座って時間を過ごすことが多くなります。横になっているほうが楽に感じるようになります。』
『 老化の問題について考えれば考えるほど、私は、老化による多くの症状は、年齢そのものとあまり関係がないことを確信するようになりました。つまり私の説は、「老化現象の多くは、長い人生をかけて、徐々に重力の恩恵を避けるようになった結果である」というものです。
(中略)
重力はいつもそこにあるにもかかわらず、それを活用しないかぎり、健康にとって意味がないばかりでなく、むしろ悪者になってしまうのです。』
『たとえ毎日欠かさず一時間ずつジムでエクササイズをしていたとしても、残りの時間、重力を意識しない身体の使い方をしていたのでは、まったくエクササイズをしないよりはましですが、あまり意味はありません。』
『高齢者の骨折の90%は転倒が原因だといわれています。
 また、骨折を起こしたあと一年以内に、急激に体調を崩して命を落としてしまうことも珍しくありません。亡くなる直接の原因は骨折ではなく、骨折後の長期間にわたるベッドの安静です。』
『 たとえば、地球上の1Gの世界で、ただ立っているだけなら、かかとの骨にかかる負荷は1Gのままですが、歩くだけで20%増の1.2Gに、ジョギングをすると一気に三倍の3G、ジャンプすると6Gの負荷をかけることができます。』
『 ベッド上でじっとしていると、一日当たり150ミリグラムのカルシウムが失われます。これは、身体全体のカルシウムの0.5%に相当します。』

ジョーン・ヴァーニカス著 『宇宙飛行士は早く老ける?』(2006)朝日新聞出版より。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。