戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
88mm砲製作完了(習作)
88ミリ砲これにて投了です。
ゼブラ2
素組なので、拡大して見るには情報量不足。
ゼブラ4
ヘアスプレー法の習作として作りましたが、その効果については限定的な評価しかできません。
それほどコントローラブルでないし、剥ぎ取りが容易でもないと感じました。
大規模な剥がれが必要な場合を除き、通常の多重塗装(ラッカーonアクリル)で対応可能と思います。
適材適所で利用したらよいですね。
ゼブラ3
今回は一般的な方法を踏襲してアクリル塗料を車体色に使いました。
アクリル塗料の粘土状の塗膜(ざらついて粉っぽい)がぴったりくる場合もあるでしょうが、エナメル塗料の硬度のある塗膜もまたちがった味が楽しめると思います。
エナメル塗料はウエザリング用で、車体塗装に使われないのが最近の傾向ですが、かつて使った経験では(パクトラ時代の古い経験ですが)、パリッと割れるような剥がれが再現できていました。
エナメル塗料を使ったヘアスプレー法も一度試したいですね。
ゼブラ1
最後に色について。
油彩で多少サビを入れたり、スポンジチッピングをしましたが、それ以外では極めてシンプルです。
ベースの錆止め塗料の色は「赤」プラス「白」。
車体色は「白」プラス「黄色」。
タイヤは「黒」プラス「バフ」。
6色だけで構成しています。
汚く感じられがちなのに、それほど汚くないのは混濁した色を排除したシンプルな配色のせいではないかと思っています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。