戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたはもう霊に会いましたか(^ ^)
久々にタイトルだけで笑える本に出会ってしまいました。
なんと!
『私は性霊に犯された!!』 です!(笑)
精霊
実はわたし、幽霊の類は見たこともないので、全く信じていないのです。
しかしながら、仮に実在するとすれば、それは人間のうちの肉体から離れた「魂」と呼ばれる部分でしょう?
わたしの理解だとそれはたいして質量のないもの、ふわふわしたモヤのようなものだという認識です。
その実体のないものに犯されるってどういうことなのか、と想像します。
どうして犯されたとわかるのか?
圧力でも感じるのか?
質量の極端に少ない物体で圧力を感じさせるには相当の加速度が必要ではないか?
自分の脳内の意識レベルだけでの問題なら、夢とどう区別するのか?
それだったら犯されたって実害があるのか?
他者に対して証明のしようがあるのか?
う〜ん、不思議な感じがします。
どなたか幽霊とヤったひと、います?


さて、
タミヤのパンサー初期型用連結可動キャタを組みました。
表面のディテールはこんなふうです。
サイドのリブが省略されていますね。
また、押し出しピン跡が接着剤を流しても残ってなお残っています。
精霊4

これはガイドホーンのパーツには押し出しピン跡があって、これを処理せずにそのまま接着してしまったことが原因です。
精霊3最終的に車両に取り付けた状態で、どうしても見えてしまう部分だけ対処することにしましょう。

キャタピラ裏面は、押し出しピン跡を瞬間接着剤とヤスリで処理しました。
精霊2
連結は思ったより強く、タミヤらしく強度重視の仕上がりです。


もし霊が本当にいるのなら、戦争で亡くなった人たちの霊が総動員で、いまあぶないことをやらかそうとしている指導者たちを呪ってほしいのですが。


コメント
この記事へのコメント
そういえば
子供のころ、四谷怪談の映画かTVドラマ観て
お岩さん、あの世で伊右衛門にボコられんじゃ
ないか、なんて心配してましたっけ。
お互い霊同士なんだから、立場はタイマンです
もんね。
2015/08/15 (土) 19:53:12 | URL | REV3 #Q7TRsPbs[ 編集]
REV3さんへ
確かに! 同等の立場になれば、そうなりますね。
ひよっとしたら、伊右衛門は地獄に落ちて、お岩さんは天国に行くのかもしれないです。

話は変わりますが、
この地球で生命が誕生したのはただの一回で、そこからすべての動植物は始まっているということですが、
そうすると、
ここ(人間)にたどり着くまでの命の連鎖の途中では、海中の生物だったことや、プランクトンのような微小生物であったこともあるわけで、
輪廻転生という概念は、当たり前にDNAにも刻まれているように思います。
死んでしまった命が生き返るということとは違いますが、生きている者の記憶の根底にはそういった情報が刻まれているのではないかと思う今日この頃です。
お腹の中で、受精してから胎児に育つまで形状的には進化の過程を辿っているといわれますが、そんなことも影響して輪廻転生という概念が登場したのかも。
2015/08/17 (月) 10:04:47 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
まるでドグラマグラですね
DNAに刻まれた記憶を利用して、かつて
先祖が起した殺人と同じシチュエーション
を用意し、殺人を起こさせる。
戦前にこんな発想を抱いた夢野久作はまさに
天才だと思います。
2015/08/17 (月) 20:15:05 | URL | REV3 #Q7TRsPbs[ 編集]
REV3さんへ
ドグラマグラってそういう話でしたか。
奇妙に記憶に残る言葉ですが、小説の題名だったのですね。
調べると、とても面白そうです。
2015/08/19 (水) 06:19:28 | URL | 宮崎一誠 #-[ 編集]
お付き合いどうもです
いろんな要素があって、一本筋ではないですが
確かそういう話でした。
高校時代に、米倉 斉加年画伯の表紙絵に魅かれて
角川文庫版上下2巻を読んだのが、最初で最後です。
現在なら、青空文庫でも読めますよ。
2015/08/19 (水) 20:36:45 | URL | REV3 #Q7TRsPbs[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。