戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グンゼのしくじり
実車ではG型になって、エンジンデッキ中央のハッチ周辺のフック取付位置が移動しているらしいのですが、グンゼのキットだと定位置に取り付けた場合、砲塔の回転時に干渉してしまいます。
それゆえ、しかたなくA型まで位置につけています。
エンジンデッキパンg
タミヤだとかろうじてクリアします。ハイテックも同じなのかな。

以下は、ディテールに手を入れたところの紹介です。
フェンダーの変形の再現は、先に曲げてから、次にプラの厚みを利用してべこべこ感を出し、最後に外周部のうすうす攻撃をおこないました。この順番が大事(たぶん)。
フェンダーパンg

Sマインは、飛び出したまま放棄されている車両の写真があるので、こんな風に勃起するのでしょう(笑)。
内部で爆発が起こったのかもしれません。
砲塔上面パンg

ハッチを内側から開けるための取っ手は、丸棒をムギュッと実際につぶして実車と同じように作りました。
前部上面パンg

5ミリ径プラパイプはフチをうすく削るところに気をつかいました。透明パイプは硬度が高いだけに余計に。
アンテナケースパンg

ネットは、目の小さな金網を使いました。(在庫がたくさん残っているので消費のため)
これが昔ながらの手法です。
そりゃあ、エッチングパーツの方がずっと簡単で見栄えがよくなります。
網目の大きさを2種類使ってみたのは実験です。
デッキパンg
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。