戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パンサーのキャタピララック
パンサーを組み立てる上での最難関は、キャタピララックだと思っています。
いつもここで悩まされます。
最新のタミヤD型には期待していたのですが、その再現性には?マークでした。
参考にするために33年前に作ったパンサー中戦車を引っ張り出してながめたところ、作り方を忘れてしまっていましたが、よくよく観察すると変形の具合からなんとなくわかりました。
今回も、そのやり方を踏襲することにします。
0.25ミリと0.3ミリでは0.3ミリ厚のほうが適していると判断。
キャタピララック

細切りで成形されているものを使うよりも、大きなプラバンから切り出したほうがエッジがシャープです。
1.1ミリ幅を目安に切り出して(実際は1.2ミリぐらいになってる?要はキャタピラの穴に通ればよい)、適当な厚みをもつ物体を利用して曲げ(ちょうどよい厚みの物体をいろいろ探しましたが今回はピンセット)、線香でほどよく加熱し曲がりを固定成形します(ゆっくり近づけないとすぐ溶けるまたは変形する)。
線香あぶり

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。