戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
良心上の理由による参戦忌避
自分の古い作品については、塗装技術の拙さにおいて、もはや現在では見るに堪えませぬ。
それは、いっぽうで自分の進歩を自覚する瞬間でもあります。
そのためにどんな作品でも手元に残しているというわけです。
レオパルドへた
改善点
・砲身の布の部分をつや消しにすべき。
・濁ったライトを作り直す。
・砲塔の手すりはさらに細く。
・砲塔など各所エッジをシャープに出しておく。
・予備キャタピラなどのサビの色を改善。
・車体全体の明度を上げる。
・車体の塗装に光学的効果を取り入れる。
・塗装に絵画的要素を取り入れて演出する。
・汚し塗装の多重化、複雑化。
・キャタピラの塗装をリアルにする。



『 最後に、ジーンズに花柄のシャツを着た若い兵士が意見を述べた。人を殺さなければならないことをどう思うかと聞かれて、彼は言った。「ドイツやNATO加盟国が攻撃されたら、戦わなければならないと思う。だが、納得のいかない戦争なら、拒否するだろう。」
 彼は戦後のドイツ連邦共和国憲法のオーソドックスな解釈に執着していた。ドイツの徴兵制は、良心上の理由による参戦忌避を認められている。だから「あれは命令だった」は、もはや残虐行為のエクスキューズにならない。』

イアン・ブルマ著 『戦争の記憶日本人とドイツ人』(1994)TBSブリタニカより。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。