戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うまくなるための方法論について:バンダイ マゼラアタック
黒川伊保子love brainマゼラアタック
キャタピラを組上げました。
バンダイ社のマゼラアタックはモールドも細かくて
びっしり入っている良くできたキットであり、素組でも
問題ないのですが
ただひとつ、戦車としてここだけは手を加えた方がいいのは
キャタピラのフチでしょう。
はっきりと厚すぎます。
そのままにしていると、もっさりとしてミニスケールであることが
バレバレになってしまいます。
タミヤのタイガー I 型のキャタピラと
モデルカステンのキャタピラの関係と同じと思ってもらえばよいでしょう。
そこで、精度は落ちるとしても削ってつけました。
マゼラアタックキャタピラ組み上がり
キャタピラの上半分がキットのまま。
スカートから見える部分が薄くしてみた部分です。


ところで、話は変わりますが
ものごとの上達について「方法論」を考えたことが
おありでしょうか。

ただ単に、たくさんこなせば上達するものなのでしょうか。
受験勉強で言えば、ただ多くの問題集を解いていれば東大に合格するのでしょうか。
野球で言えば、毎日限界まで練習すれば甲子園にいけるのでしょうか。
それとも、特別な才能がある者だけがトップクラスに登り詰めることができるのでしょうか。

睡眠不足のまま何時間も勉強している受験生は
全国に何万人といます。
肉体の限界まで練習している球児も全国に何万人といます。
やりすぎて身体を壊してしまう人も。

たとえば
ある指導者が普通の公立高校にやってきて
2年後に県大会の決勝までこぎつけた。
3年後に甲子園出場し、全国優勝してしまったとすれば
その指導者は特別の才能があるわけでもない生徒を
効率的で正しい(故障者を出さない)方法にて指導し
生徒の能力をトップレベルまで引き上げることに成功したといえます。
(有名な監督であれば、慕われて才能ある生徒が移動してくることもありますが、
同様な例は、街の青少年スポーツチームでも見ることができ
指導者の移動によって成績の上下があきらかにみられます。)

そのときの指導者は、歩く「方法論」であり
正しい「方法論」を体得しているといえます。
「方法論」とは発達段階に応じた習得スキルを体系的にまとめ
効果的な練習方法、訓練課題をレベルに応じて設定できることです。

今の模型界はネットで情報が発達したとはいえ
昔ながらの「見て技を盗め」式の延長で
一部の才能のあるモデラーがトップガンとなって新技術の開発と作品を披露し
わたしなどが
「ほえ~!」
「すげー!」
「どうやってるのかぜんぜんわからない」
「文字だけの解説じゃわかんねえなあ」
「神様は特別なひとなんじゃ?」
と思ってたりする状況です。

そこで「方法論」を確立した神様が現れて
「まずは、貴様の眼を鍛えることから始めねばならん!
ここに2枚の写真がある。
本物のエイブラムズと模型のエイブラムズはどこがちがうのか
200以上書き出せ!
それが終わるまで飯を食ってはならんぞ」
とか
「このサビをデッサンせよ!
鉛筆1本でやるのじゃ。
色で把握する前に、濃度できちんと把握せねば色を学ぶことは許さん!」
とか
「ゲペックカステンの留め金は5:00に起きてから作るのじゃ!
人形師でも瞳に眼を入れる日は、朝から歯ブラシも持たないという。
少しでも重いものを持つと手が震えるからじゃ」
とか
「道具の正しい使い方を覚えるのじゃ!
裏技も含めて道具を利用できねば精度の高い工作はできんぞ」
とか
教えて欲しい。
「ねえ、ドラえもん」byのび太

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
>そこで「方法論」を確立した神様が現れて
> ・
> ・
> ・
>教えて欲しい。

って、いた!いた!いるじゃないですか!
あなたですよ、あなた!師匠ぉ。


中断中の塗装講座、再開を楽しみにしています。v-221
2008/06/16 (月) 19:05:00 | URL | Macha #-[ 編集]
マスターこそ
マスターMachaの塗装講座も
準備お願いしますよ!
わたしがはずかしげもなくやってるぐらいですから。
2008/06/17 (火) 18:34:16 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。