戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かんにんしてえ:タミヤ 4号H型
「なんや、暑いわあ」
「そら、おまえが燃えとるからや」
「塗装が燃えてしもうたら、錆びるんどすえ」
4号サビ2段階気合い一発
「錆びたらどないなるんや?」
4号サビ2段階フロント部アイアン
「こないなるんどす。酸素と結合して青サビになるんどすえ」
「ほんまか?」
4号錆び2段階うしろノンアイアン
というわけで、4号戦車クラッシュモデルはサビ塗装の第二段階まで突っ走ってます。
またアイアン使ったでしょって?
後部は使ってませんよ。
(それと、後部の造形はウソです。資料もなしに適当に作ってますから)
フロントにはたしかに使ってますが。

車体の1右側面、2左側面、3後部とそれぞれに異なる方法でサビを塗っています。
フロントは気分で。
塗料が余った分などをつかって混合塗りです。

最近マイブームのぶつぶつ塗りですが、どうですか?
肉眼では「でけた!!!」と喜び勇んで写真に撮って拡大すると
「??いまいちじゃん」となってしまいます。
この技術、完成させてみなさんに紹介したいなあ。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
うわーこれすごい迫力っすねぇ。
塗装方法是非教えてください!
後ろのところ、角が銀にところどころはがれてるけど、
これは銀のドライブラシですか?
2008/07/05 (土) 23:36:01 | URL | あに #V8JG6pNI[ 編集]
ドライブラシ否定派なので、偶然でもないかぎり銀ブラシはつかわないんですよ。
下地で処理しようとする方向なので。

なんとなく最近感じてきてるのは塗料はのせて表現したときより、引いて(剥いだり、こすったりして)表現したときの方が実感が出るような気がしています。
後日の記事にて塗装法をご紹介します。
2008/07/06 (日) 10:53:05 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。