戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんくるないさー(なんとかなるさ)
エナメル溶剤でアクリルガッシュが簡単に落とせるとの情報がありましたので
ティッシュにつけてすりすりしてみます。
エナメル溶剤で角のハゲを再現

刃物でキズを付けるのとはまた異なる表現ができるようです。
エナメル溶剤で色を落とす
下地のセメント色がわずかに出てくるような表現ができます。
溶剤で拭き取る


ファイナルギアカバーのところもやりました。
エナメル溶剤で拭き取るファイナルギアボックス


おもしろがって、どんどんやってしまいます。もちろんティッシュのままです!
エナメル溶剤でおもしろがってどんどん取ってしまいました
「せめて綿棒を使えよ」って?
後日追加でやったときは綿棒でやりました。エッジなどをすっと拭き取ると細く細やかな表現ができるようです。

話は変わりますが
一時、プレッシャーから手が止まってしまったときがありました。
上手な作品を見せたいという虚栄心にとらわれて身動きが取れなくなったのです。
ブログで自分の作品を公開するぐらいですから、それなりの自信と自己顕示欲があったのでしょう。
でも、そうそうまぐれで傑作ばかりは生まれません。
みなさんと同じメジャーな戦車を作ってみれば
どこに苦労があったのかも分かってきます。
そうした目でみんなの作品を見れば、やはり「よく作ってあるなあ」と思うのです。
現在は、「しょせん出戻り数作目の素人なのだから
失敗したってかまわないさ」という気持ちで作っています。
ですから、変になってしまう可能性の高い作業でもなかば面白がってやってしまいますし
結果、へんてこりんな状態の写真でも参考になればと載せています。

さて、右サイドのコーティングハゲの部分には
再度アイアンを塗って、サビ色のパステルをかぶせました。
再度サイドをアイアンで塗る
ここで新登場!タミヤウエザリングマスターDセットとBセットです。
サイドをタミヤウエザリングパステルにて
「サビ」を中心に「スノー」「オイル」「スス」を適当に織り交ぜながら
予想外、予想外と唱えながらむらむらに塗り付けました。
このタミヤウエザリングマスターというのは
ドライブラシツールなんですね。
女性のアイシャドーセットとおなじスティック状のスポンジでビギナーでもカンタンに滑らかなグラデーションのドライブラシができるという構造です。
ドライブラシ嫌いのわたくしも
面白がってどんどんやってしまいました。
ウエザリングパステルを使って

ドライブラシ嫌いなのにどんどんする


ドライブラシ後部上面

ドライブラシ後面
こういう汚し方はさすがにドライブラシの真骨頂ですね。

フロント部分の予備キャタピラが触れるところにもやってみました。どうせ見えなくなるので安心です。
ドライブラシ前


確認のため予備キャタピラを仮組してみます。
予備キャタピラを仮組してみる
次のアーマーモデリング誌はタイガー 特集らしいですが、タイムリーでありがたいことです。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。