戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
できた!鉄棒表現:タミヤ 四号戦車H型
前の記事の段階から塗装が乾いたところで
もったいない気持ちをぐっと抑えて
「なで加工」を加えナデナデしました(パステルを落としました)。
すると!こうなりました。
できた!鉄棒表現
これこそ求めていた「鉄棒の色」と質感!
こんな感じが欲しかったんですよ!
下地の暗いサビ色が鋼板の重量感と硬質感を伝えます。
これは使える鉄棒表現
これは使える!
ジャッキのハンドルなど色々な部分に使えるのでは?

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
いやはや・・・
凄い表現力です・・・
色んな作例を目にしていますが、この質感はトップクラスです。
驚愕しました。
剛の者ですね、マジで。
2008/07/19 (土) 23:55:03 | URL | NOid #HSo7gLBY[ 編集]
同じく剛の者である
同じく剛の者であるNOidさんに驚いてもらえてうれしいです。
NOidさんのテクニックもいつも参考にさせてもらってます。マジで。わたしの中では最先端モデラーですから。

自在にこのサビ鉄の質感をどこにでも適用できるようになれば、プラモデルのおもちゃっぽさを減じることができるかと思います。
実車のトラックなどではよく触れられている部分などにこの「鉄棒の色」がでているように思っています。
2008/07/20 (日) 07:42:59 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
う~ん
神の一手...


とうとう、極めましたね。


お見事です!。

2008/07/21 (月) 19:34:01 | URL | Macha #-[ 編集]
う~んのところが
ありがとうございます!

でもちょっと「う~ん」のところが気になります。
まだ納得できないところがあるのではないですか。改善の余地ありと?
マスターの忌憚のないご意見を伺いたいものです。
2008/07/21 (月) 23:30:03 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
サビ勝負
実は宮崎さんには内緒で
サビ勝負を宮崎さんと勝手にしていたんですが・・・
今の時点では僕の完敗ですねぇ。
う~ん、悔しい。

この表面のボツボツって瞬間接着剤以外にも
パテも使ってるんでんすよね?
ポリパテですか?
銀パテだとなかなかこの感じは出ないような気が・・・
2008/07/22 (火) 08:52:49 | URL | あに #V8JG6pNI[ 編集]
まさか
あにさんとわたしのサビは種類が違いますよね。
わたしのは安定化したデッドなサビで、
あにさんのはライブなサビ。
ライブなサビはものすごく難しい。サビの流れを一本入れただけで、すぐ嘘っぽくなってしまいます。
やはりサビ表現では、あにさんが二歩も三歩も長じてますよ。

パテは、普通のタミヤパテ。いちばん昔からあるやつです。
溶きパテにせずに、またしても指先でぺとぺとやりましたが、意図せずして良い表現になったのでしょうか。

ボツボツ感を出すために塗料の中に「重曹」をいれるとよいという情報を入手しました。
2008/07/23 (水) 00:25:59 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
とてもプラスチックとは思えない
僕が模型が好きな理由のひとつに、
本物そっくりなのに本物じゃないという点があります。
まさに鉄の塊が錆びたようにしか見えないのに、実はプラスチックであるという、だまされ方の快感!
自然現象のように見えるのに、実は意図して作られた人工物であるという驚き。
まったく脱帽です。
2008/07/24 (木) 22:31:18 | URL | ヒロナリ #-[ 編集]
すごくほめられちゃって
とってもうれしいです。
コメントをいただけるみなさんには感謝しています。

わたしも、すごい作例を誰かが出してくることにわくわくします。
こんなものができるんだっていう驚きと感動を求めています。
これぞ模型の面白さですよね。

2008/07/25 (金) 00:13:47 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。