戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
究極の履帯:タミヤ タイガー I 型Late
究極の履帯といえばみなさんご存知のアレですね。
究極を目指すならアレを使うしかないのですが
タミヤの後期型にはめずらしく意欲的な連結式履帯がセットされています。

ここはタミヤの意気込みを買って、頑張って使ってあげようと思います。

ガイドに穴が空いていないなら空けるしかない。
重要なのは外側だけ、しかも下側のみきちんとしてればあとは錯覚してくれるはず。(知らない人にはなんのことやらでしょうが、みんなタイガー はつくったことあるよね)
タイガー I 型履帯3種比較内側ディテール比較 内側
左より、タミヤ連結式非可動、ドラゴンベルト式、AFV CLUBベルト式

フチが厚ければ、削ればいい。
タイガー I 型履帯3種比較外側ディテール比較 外側
左より、タミヤ、ドラゴン、AFV CLUB

なによりタミヤのキャタピラにはベルト式では再現できない「穴」がちゃんと空いているのです。
履帯の穴

連結式履帯の最大の利点はなんでしょうか?
それは「つなぎ目の隙間がきちんとでること」だと考えます。
これによってキャタピラの実存感を得られるのだと思っています。
もし、この隙間を塗料やパステルで埋めてしまうなら
最初から、おとなしくベルト式でも使っていた方が時間の節約です。
そして
スキマが見えるキャタピラは前後のカーブしている部分のほんの数枚だけ!
という現実(人目線で写真を撮ったとき。プラモデルとして上から見られるとちょっとつらい)を考えるとき
効率を求めれば
スプロケットとアイドラーホイールの周辺だけを
連結式の最大限の効果を得るために
非可動履帯を可動履帯に改造すればよいのでは?

可動化により後顧の憂いなく塗装できます。
可動部分をしごいてよぶんな塗装を落とせば
スキマも生じ、実際に動いてできたかのような状態の再現ができるです。
可動履帯に改造というわけで、部分可動履帯の完成です。

そりゃ、Machaさんのこちらの記事のようにぜんぶを可動化できれば、ベストなのでしょうけど
つらさにくじけました(なんかいいやり方があるのかなあ・・・)。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。