戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水彩クレヨン
人生で必要なことはすべて幼稚園の砂場で学んだように
模型製作に必要なものはすべて100円ショップで調達しました。
「水を含んだ筆でなぞると水彩画に早変わり」するという
水彩クレヨン!
この水彩クレヨンを使ってみたらどうなんでしょう?

以下、四号戦車のとき使ってみたレポートです。
使用前適用前

実験は、砲塔などで見えなくなるような安全な場所で行ないましょう。
安全実験協会からのお願いです。

クレヨンをつけてみる茶色をつけてみる

クレヨンの質としてはかなりやわらかいです。

と、こうなりますつけたところ

水を含ませた筆でこする水を含ませた筆で軽く散らします

なぜ、こんなに毛足の硬そうな大きな筆を使っているのかは不明です。

使用後、ほあ??適用後「ほあ?」

前よりも悪くなってしまいました。

感想は
原色系の派手な色しかありませんし
混色できない(と思うけど)ので
ほんのちょっと、ワンポイント的に使う用途に限られるでしょう。
仮に色が残ったとしても、染み込んだような表現にはならず
クレヨンがそのまま付着した表現になります。
どなたかが
効果的な使い方を開発され、トラックバックくださるのを待ちたいと思います。

P.S. パッケージをよく読んだら混色できると書いてありました。

    


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。