戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦車模型超級トンデモ技術指南 そのに
「硬質感はツヤにでる」
タミヤアクリルにて基本色塗装
全身つや消しの車体は、おもちゃに見える。
それって逆でしょ!?つやのある車体が、おもちゃに見えるでしょ?って言われそうですが、行き過ぎたつや消しの車体もまた小スケール感をかもしだします。
それにデッドマットでグラデーションばかりの作例は、まるで砂糖細工のような「やわらかさ」を携えてしまいます。
巨大な実車にいくらつや消し塗装をしていても、多少の反射は起こるのがほんとうで、人の触れる部分ならばなおさらです。
塗料によっては案外つやがあるものも多いです。

さて、チャーチルはひさしぶりにつやのある砲塔を作ってみたくて取りかかりました。
タミヤアクリルで車体色の基本塗装をしたあと
同系色でしみをつける
同系色の明度の違う色で実験的にシミをつけてみました。
これはほとんど無意味ですね。

核心部分は続きをどうぞ。


つぎに、基本塗装にキズを入れます。
いつも、派手にやりすぎるので今回はできるだけ繊細なキズを付けてスケール感を損なわないように気をつけます。
ピンバイスでキズを付ける
今回用いたのはピンバイス。ピンバイスの刃で微細なキズを入れてみます。
繊細なキズのつもり
はい!繊細なキズのつもり。
まだ荒っぽいですか?これはもう性格ですね。

つぎに、なでなでして鋳造部分にツヤを入れます。
天板には入れないところがミソ。
つやをつける
なでなでできなくなることを恐れて
荷掛けフックはつや出し処理のあと取り付けました。
荷掛けフックを付ける
現段階ではここまでです。
このあとの作業で、自分の言ったことをさらに補完し証明しなければならないですね。
みなさんが、なるほどなあと納得してくれる結果になるよう威信をかけて取り組みましょう。
マジでここまでで実作業は止まってます。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。