戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガンタンクの塗装プラン
ヒルドルブの時は勝手に1/35にスケール変更して作りましたが
ガンタンクは1/144のままでいこうと思います。
とすれば、模型はちっちゃいのですけれども、いままで作った中で最大の構造物ということになります。
ガンタンク彩度低く
これまでの塗装にスケールエフェクトを考慮して塗ったことはありませんでした。
2センチ接写で、間近で人間が見た時のような写真を撮りたいのだから
スケールエフェクトを色に反映させる必要はないとの立場です。
「実物色をそのまま適用して何ら問題ない」と。
また、空気の介在によるコントラスト・彩度の低下、(油彩フィルタリングで行なう)周囲の写り込み、(スミ入れによる)シャドーの強調、(ドライブラシによる)凸部強調、などなどはすべて「撮影の側」でコントロールすべき問題であると認識してきました。
「本物にはない塗装をして、ホンモノに見えるわけがない」というのが根拠です。
で、今回のガンタンクなのですが
なにしろ、カメラで寄るにも寄れないほど巨大で、かすんで見えるほど高さもあるということになりますので、スケールエフェクト適用してやってみます。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。