戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
若き餓えてるの悩み
ハヤトコバヤシの夜は長い。
戦争という極限状態で神経は冴え渡り、疲れきっているはずなのに床の中でも戦闘の興奮は治まらない。
そして、正体のわからぬ衝動に突き上げあれ、眠れぬ夜を過ごすのであった。
明日をも知れぬ命の慟哭は、押さえ難く彼を翻弄する。

「フラウボウ・・・・
う、う、・・・
どうして、アムロばっかり!・・・・
ぼくだって・・ぼくだって・・
ぼくだって、フラウボウと・・・
ぼくだって・・・セイラさんとだって・・
なんなら、ミライさんとだって・・・・
やりたい だーああー
kagebunnsinnsystem
どーん


基本的に敵を近距離にまで寄せ付けることのない攻撃力を備えているガンタンクであるが、高レベルの防御システムも完備し万全の態勢をとる。
ガンタンクの防御システムは2つの要素からなる。

1)強力な装甲
2)「カゲブンシン」システム

1)は、ルナチタニウムを用いた特殊構造の複合装甲を採用することで、至近弾でも通常兵器での貫通を不可能とした。

2)は、一種のデコイシステムである。
車体正面に設けられた放出装置「キツリツ」より、ミラー粒子を噴霧し、フルカラー3次元投影機を搭載したびっくりどっきりメカを散開させ、各所でガンタンクの本体映像を投影させるものである。
ミラー粒子とは、ミノフスキー粒子と結びつき長期滞留し、3次元投影機のプラグマレーザーにのみ反応する特殊反射材である。
通常のデコイと異なるのは直撃を受けても空気が抜けたりして、ただのゴミにならないエコシステムになっていることである。また、ガンタンク本体の映像を投影しているので動作や発砲煙の再現もなされ、ガンタンクのシュートレンジ外からは、まず見分けがつかないのである。

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。