戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第11回九州AFVの会 その1
「おれ、今度の日曜日いないよ」
妻「どこにいくの」
「うん、九州AFVの会というのに出てみようかと思って」
「それなあに」
「戦車モデラーの集まりさ」
「オタク街道まっしぐらね」
「そんなんじゃないと思うケド・・・」
というわけで、これまで縁のなかったAFVの会というものに仕事をひとつキャンセルして参加しました。
自分の作品を持って行かずに、人の作品をあれこれ批評するのも卑怯かと思って、課題を大急ぎでデッチあげました(別に課題でなくてもよかったみたいです)。
課題は「白」。
う~ん、手持ちでなんとか白にこじつけられるのはクラッシュ四号戦車しかないな。
骸骨を四号戦車の中に入れて、タイトルは「白い戦士たち」。
立て看板に「 告 心臓の悪い方は決して中を見ないでください」で決まりだ。
デッチあげ白い戦士たち
ギャグもきいているし、メッセージ性もある。
こう見えても反戦、戦車モデラーだからね(最終的にはレイアウト少し変えました)。

公衆に自分の作品を見せるのは小学5年生の時のコンテスト以来ですから、すごく緊張します。
その他にも
KV-2(現在の目で見ると、サビの色表現などに至らないところがありますが、代表作なので)、
ヒルドルブ(AFVモデラーは知らない人が多いんじゃないかと思って)、
マゼラアタック(最近の作品でとくに悪いところはないので)、
シャーマン(素材は悪いけど、斬新な塗りがどのように評価されるかと思って)
などを持って行ってみました。
写真では、こんな風に見えるものが、実物はこうなんですよというところをお見せしたかったのもあります。
他の人の作品を見るのに精一杯で、自分のところにほとんどいなかったのですが、やはり派手目なシャーマンがうけていたようです。
他はあまりに、地味で、くすんで、色味に変化がなく、色調が暗く、階調がデリケートで、会場ではほとんど顧みられることはなかったようです。
顔をそばまでくっつけて、3分ぐらいにらんでやっと微妙な階調に目が慣れてくるような作品ではどうしようもないみたいです。
たぶんマゼラアタックの塗り分けなんて誰も気づいていないと思う。
KVの砲塔と車体の色が違うのも気づけなかったと思う。
シャーマンのサビ色の多様ささえ、自分で見ても会場ではまったくわかりませんでした!!!
なんたること!
このような場ではまったく異なる塗装ロジックが求められるのか!?

夜中に一人で黙々と塗っていると目が順応してしまい、非常にローカルな世界に入り込んでしまうもののようです。
リアルさの追求の手を緩めるつもりはありませんが、1/35スケールの色についてちょっと考えてみる必要もありそうです。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
初めて、1/35スケールの頭蓋骨を見ました。
素晴らしい発想に驚きです。
「模型歴」の感想、ありがとうございました。
これからの季節は色を塗ったりするのが
大変だなぁと思っている私です。
2008/10/27 (月) 16:54:11 | URL | jargon #-[ 編集]
わかります。
>このような場ではまったく異なる塗装ロジックが求められるのか!?

展示場で実物を見せるのと写真で拡大して見せるのとでは塗装のアプローチを変えるべきかなと私も感じています。

実際、シャドーやグラデーション、ドライブラシの効いたモデルってインパクトがあって目を惹きませんでした?

自分も11/3締め切りの模型コンテストに出品するつもりですが、ガラス戸の向こうに置かれたモデルでどこまで伝えられるか楽しみです。
2008/10/27 (月) 19:24:45 | URL | Macha #-[ 編集]
jargonさんへ
少年の頃に模型少年なら誰もが経験した様々な体験を“おそるべき”記憶力で詳細に書かれていて、ついひきこまれて、いろいろ思い出してしまいました。
感動的な体験記をありがとうございました。
2008/10/27 (月) 19:47:41 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
グラデーション!!
そうなんです!
グラデーションの効いたモデルの存在感のあること!
みなさんがシャドーを吹いたり、ドライブラシを使ったりする意味が、やっと実感としてわかりました。
Machaさんのコンテストの出品作はなんでしょうね?
楽しみにしています。
2008/10/27 (月) 19:58:22 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
いやAFVの会の開催日を教えていただき感謝です。
公式サイトすら確認してませんでしたので。
またいきなり握手して来て、驚かせてしまい申し訳ありませんでした。
出品作品は分かっていたのです、宮崎さんがどなたか分からず、息子と2人でじっとイージエイトの前で粘っていたものですから。
次回は自分も何とか出品したいものです。
2008/10/28 (火) 00:33:47 | URL | あきら式改 #z.Jczy7U[ 編集]
あきら式改さんへ
お会いできて嬉しかったです!
わざわざ待っていてくださってありがとうございます。
ネットで知り合った方と実際会うのが初めてでしたので、ちょっとびっくりしてしまいました。
次回作期待していますよ!
2008/10/29 (水) 00:03:44 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。