戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グラデーションの構造
1/48ながら会場で目立っていたシャーマン。
全体にキレイなグラデーションがかかり存在感がありました。
グラデーションシャーマン
写真にするとそのオーラが消えていますが
同時にグラデーションとリアルさが必ずしも相反する要素ではないこともわかります。
今回は拡大鏡を持って行きましたので、どのようになっているのか確かめました。
拡大鏡
わかったのは、「非常になめらかな階調をもった明暗の差」ということ。
どのように塗ったのかは、はっきりとわかりませんでした。
暗い方から塗ったのか、明るい方から塗ったのか?
エアブラシのぶつぶつ感も消えていましたので、薄めた塗料をもう一回吹いてあるのかもしれません。
いずれにせよ、筆塗りではちょっと荷が重いと思えました。
でも、やってやれないことはない?

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。