戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
多色サビ入れ
世の中にはたった2本の仕上げ用塗料だけで、素晴らしい作品を完成させてしまう方もいらっしゃいます。
(たとえば、みずのさん。旧ブログでは多くの作品が公開されていましたが、移転されましたので充実はこれからのようです)
シンプルな汚しであれば、汚い出来上がりにならず、人為的な嘘くささが現れてしまう危険も避けられます。
手を入れれば入れるほど、汚くなります。
汚しを追加していくのですから、当然の結末です。
でも、練習の段階で、それを恐れては進歩はありません。
「程度」の問題は、あとから考えれば良いので、いまは表現の可能性だけを追求します。

さあ、サビ一発目いきます!
今回は中間色のサビ色から(パステルをアクリル溶剤で溶いたもの)。
錆び入れ一段目後部
垂らす表現はあまりやらないのですが、練習のためやります。

塗料の剥離部分にはすべて入れました。
最後の最後にチッピングは追加する予定にしています。
それは、金属色のままにしようと考えています。
錆び入れ一段目
パステルは塗っただけでは、いまいちで、指や綿棒などでさっと一拭き余分な分を落としてやると良いと思います。
フェンダー部分の感じです。
錆び入れ一段目フェンダー

つぎ!サビ入れ二発目!
今度は、濃い色のサビ色を入れます。
サビ入れに段目
こんなロングショットではちっともわかりませんね。
部分的にはスミ入れっぽい使い方もしてみました。

さらに、いっけぇー!サビ入れ三発目!
今度は、明るめのオレンジに近いサビ色です(こうして見るとこの色ダメです。オレンジの方が良いかも)。
サビ入れ?段目前部
いきなり写真の色味が変わりましたが、この写真は太陽の直射の下で撮ったためです。
それぞれの段階には、実際にはかなり時間がかかってます。
とくに、これまでにない繊細な汚しを意図しているために、すべての汚しはいちばん細い面相筆を使うようにしてみました(垂らすのヘタだなあ)。
このように人間の仕業であることを感じさせる部分の表現は、よい子のみなさんは決してマネをしないようにしましょう。
錆び入れ三段目後部



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。