戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
面の技術と線の技術
こうして表面の塗装をごちゃごちゃやっていると内心忸怩たるものを感じます。
もっと本質的なところにリアル化の道があるのではないかと。

雑念は置いといて、ガンダムマーカー極細スミ入れ用(茶)を試してみます。
極細といってもかなり大きいので、カドとか凸部であれば、サビのバリエーションとしてなんとか使えそうです。(写真ではもっとも色の濃い赤茶の部分)
ガンダムマーカー
もっとも、ガンダムマーカーはたんに「色情報」しかないようで、パステルのようなざらついたテクスチャとしての「質感」は望めません。
パステルとの併用が必要です。

塗装というのは「面」をリアル化するための技術だと分類すると
「線」をリアルに見せるのは精度の高い工作だといえます。
エッチングパーツなどは形状のラインをシャープにするために好適なものとして用いられています。
今回、パパッと1日で組み立てを完了し、すぐさま塗装工程に入るコンセプトで塗装練習を続けてきたのですが、工作の甘さがここにきて目につくようになりました。
塗装だけで、リアルに見せようというのは限界があるように感じます。

トランスミッションアクセスハッチは片側2枚1パーツですが、塗料で埋まってしまっています。
トランスミッションアクセスハッチ
切断して、切断面を黒で塗ってみて接着しました。
アクセスハッチ切断接着
スミ入れしたように黒々となってしまい、ややマイナスポイントです。

塗料で埋まった後部ハッチのモールドについても
ホイールラック
スジ彫りをしました。
スジ彫りとホイールラックのオイル
予備ホイールラックは、オイルの付いた鉄棒の表現です。
形状的に下部はオイル受けだと判断しました。


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
楽しみにしていた三突もいよいよ終局でしょうか。

懸念されています厚塗りですが、「あり」かも?とも思うのです。
当時の戦車はわかりませんが、建機などよくみると塗料でボルトが埋もれていたりします。
展示してあるSLなど特にそうですね。

「剥がれた塗装を補修してまた剥がれた」的な表現が見る者にリアルと感じさせるのでしょう。
実際、この三突は見飽きませんよ。
前回記事の最後の転輪のアップなどは20分も見入っちゃいました!

この三突、『あると思います』。
2008/12/12 (金) 14:45:59 | URL | Macha #-[ 編集]
じつはまだ中盤
確かに、塗料で埋もれたボルトもありますよね。
「見飽きませんよと」Machaさんに言っていただけて、少し気持ちが楽になりました。
なかなか完成までの道のりは暗中模索で気持的にもつらいものがあります。
「どうやったら本物に近づけるんだ???」
「ぜんぜんリアルにならないじゃないか!」
と自問自答して道を探る過程の時は
視野が狭くなって気持に余裕がなくなってるんですよね。

それでも楽しいんですが。(笑)
2008/12/13 (土) 00:46:08 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。