戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベルト式キャタピラをなんとかする
ベルト式キャタピラの問題点は、一枚一枚の継ぎ目が出ないことと、もうひとつは、やっかいなサイドのパーティングラインですよね。
切り取ろうにも柔らかなゴム質の素材ではカッターの歯が立ちません。
でも、タミヤの接着可能ベルト式キャタピラならば、何とかなるかもと思いました。
ベルト式キャタピラのパーティングライン
タミヤセメントを塗り付けます。
それだけでも、だいぶマシになります。
まだ、突起が目立つ時には二度三度と繰り返し塗り付けます。
それでもダメなら、柔らかいうちにピンバイスの先などでならしてやりました。
パーティングラインの目立たないキャタピラ
塗装してみると、なんとかわからないようになったのでは。
(連結ピンのモールドもあまくなったようではありますが)

ただ、今回はキャタピラレスの作品にする予定なんです。
使わないのですが、新しい技術へのチャレンジと思いやってみました。
オイオイそんなことしてる時間ないだろうって?

う~ん、追いつめられてきました。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。