戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あの人はいま、でなく、あのサビはいま
あのサビ経過実験のサビはいまどうなっているのでしょう?
あのサビ左
こんなふうになっています。
ほぼ全体にサビがまわっていますが、ある時期からは目に見える大きな変化はなく、緩やかな緩やかな変化です。
あのサビ拡大
拡大してみると、なんと様々な色の集合体(混合ではなく)であることでしょう!
あのサビ拡大

そして、以外に目立つのが白っぽい雲母のように反射するつぶ。
じつは、この反射するつぶつぶの再現法はすでに開発済み。
後日、「エグゾーストをきわめる」として
特集する予定です。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
お座布団、ありがとうございます!
さて、『マウス』ですが
AFV模型における、巨大感の演出には
おそらく塗装のみでは限度というか限界がある、と思います。
“人間は万物の尺度である”との名言に従い、
フィギュアを何体か添えてみようか…とも考えています。
(模型の)サイズやプロポーションに対して
視覚的な印象が作品に加わるためです。
これは、我々が追い求めている“リアル”というものにも
直結しているように感じます。

なんて……
知ったかぶりして、偉そうに語ってしまいました。
2009/01/17 (土) 09:35:14 | URL | jargon #-[ 編集]
確かに
たーしかに!(ダイゴ風で)
比較物があると大きさはよくわかりますね。

ただ、写真だけではマウスの容積の大きさはわからないかもしれません。
私は立体的な模型を見て初めてマウスのでかさにぶったまげました。
2009/01/17 (土) 23:59:05 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。