戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
61式の進捗状況
レオパルド2のエバキュレーターはよく見ると、ファイバー繊維のような模様がかすかに入っています。
未来の技術で作られているのだから、それはやるまいと思っていたのですが、ぼんやりしながらいじっているとき、ついやってしまいました!
気づけば、精度の低いヤスリがけ模様が!!!
砲身排煙器

リアハッチの裏をテキトーにつくり、
リアハッチ裏

砲身の根元の可動部品を斜めにカット。
砲身根元

最大の問題は、ダサーイホイールです。
ホイール比較
まさかこれは流体内パルスシステムで外周のみ回転するモーターホイールか!?
とも思いましたが、被弾したらさっさと交換すれば良いだけの部品にそんなコストをかけるはずもなく、とすればホイールのような簡単な部品はとっくの昔に構造は完成されていて、そうそうデザインが変わるはずもないでしょう。
チャレンジャー2ホイールとの比較では、外周はほぼ変わらないので、リプレイスしようかとも考えましたが、厚みがかなり違う。
ホイール厚み比較
巨体の重量を支えるにはこれくらいの接地面を必要とするでしょうし、キャタピラの幅との関係を考えれば、薄すぎては華奢に見える。

そこで考えました。
一休さんのごとく・・ポク、ポク、ポク・・・(次回に続く)



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
こんばんわ。
イタ男と申します。
訪問された方が出るので、そこから来ました。
ブログを始めた早々の時から
お邪魔してます。
僕はガンダム関連しかやりませんが
表現の多彩さに驚きますし勉強になります。
こちらでリンク貼らせて頂いてよろしいでしょうか?これからもよろしくお願いします。
2009/02/13 (金) 01:23:22 | URL | イタ男 #-[ 編集]
はじめましてイタ男さん
ネット上に公開しているかぎり、あらゆる情報はリンクフリーであるべきだと考えておりますので、とくにリンクフリーと謳ってはおりませんがご自由にリンクください。(公開したくない情報はパスワードなどを設置する)
イタ男さんのゼク見せていただきました。
複雑なモビルスーツのスクラッチはすごいですね。
ぜひ完成したら教えてください。
ザメルのようなカタチに興味を持たれる感覚はとても私と似ているなあと思います。
ちょっとAFVテイストがあれにはありますよ。
2009/02/14 (土) 00:07:03 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
こんばんわ。イタ男です。
リンク貼りました。よろしく願います。
>ザメルを作る前にヒルドルブのキットを勉強にやろうかと考えてます。
切った貼ったの工作は好きですが
やはり『表現』となると塗装なのでは、なのだ。と、このログで感じてます。
ザメルの1/100のスクラッチは
まだ修行が必要の様です。

>ランナーの対処
詰める事の意味は重量感的な目論見も
あったのでしょうか。
だとしたら、かなり僕としては盲点で
あったと思っちゃいました。
明日ゼクの靴に詰めようかな。


2009/02/15 (日) 02:50:09 | URL | イタ男 #-[ 編集]
工作派と塗装派
プラモデルが好きな人には、(あえて分ければ)工作派と塗装派がいると思うんですが
私はもともと工作派(というか改造派)です。
AFVには実車資料というのがあり、それを見ながら微に入り細に入り形状の修正などを続けていくわけなんですが、あるとき
「ここまで微小な部分まで形状を作り上げても、塗装がダメだと、それがまったく結果に反映されないじゃん」
と思いまして、現在、塗装技術強化月間なのです。
そのわりには、「ちっとも塗らないじゃん」といわれそうなんですが・・。

まあ、そういうわけで塗装の面白さに最近では取り憑かれてしまい、工作より塗ることの方が好きになってしまっています。

つまるところ言いたいことは
「塗装はとっても大事です」
ということ。
他人に評価されるだけが目的でないにしても、作品を人に見てもらうとき、どこをどう改造したかなんてほとんどわからないんです。
パッと見、人が見るのはほとんど塗装だけです。
素組であっても、ものすごい塗装作品の方がよく見えちゃうんですね(目の肥えた方には当てはまらない)。
私みたいに接写して、写真が最終的な表現形態だと考えている人にも細部の工作はおろそかにできませんが、(展示など)肉眼で見るかぎりは、塗装技術が限りなく大事です。

ランナーを詰める最初の目的は、重量の増加でした。
以前はランナーではなく、鉛とか鉄製品とかを入れたりしていました。
あるとき、大量のランナーをゴミとして捨てるよりも中に入れた方がいいんじゃないかと思ってから、ランナー主体になったのです。
2009/02/15 (日) 12:09:55 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。