戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スケールエフェクトを考える(その前に)
逆光写真を平気で載せちゃうこのブログ。
かつては、戦車をカッコ良く撮影することしか考えてませんでした。
光を多方向から当てた商品撮影みたいな写真は
「どう考えても不自然だろ」
と思っていまして、
要は、タミヤの「パチッ」写真コンテストのノリで撮影してたのですね。
逆光写真逆光はアラも隠せる

いまでも写真形態が最終出力であるという考えは変わっていません。
実際のところ、ほとんどのブログモデラーは
展示会やコンテストやショップのウインドーに出さないかぎりは写真で作品を紹介することになっているはずです。

そこで、(前置きが長い!!)
塗装にスケールエフェクトを適用すると考えるその前に
みなさんが経験的にご存知である通り、
撮影によって色が変わることをおさらいしようと思います。
ここのところ、多くの方にほめられたり、ブログの閲覧数が増えてくることで
なんとなくプレッシャーを感じるようになりました。
つまらない自尊心が頭をもたげてくるわけですね。
人間が未熟であるだけなんですが。
そこで、本来のヘタな自分に立ち返るために
ヘタな作品を題材に用います。

まずは、陽光の下で、直射日光をあてて撮影したもの。
直射日光
カメラはcanonA720is、絞り優先AE、F8、ホワイトバランスオート、中央部重点測光。

フルマニュアルにしないかぎりは、光を変えればカメラが自動的に測光するので、
出力は変わるようです。
つぎは、日陰にして撮影したものですが、砲塔の陰や、車体前部の下側が大きく変わります。
日陰

なんと、背景の色が変わるだけで、車体の色も変化します。
直射日光で背後を黒にしたもの。
直射日光
車体前部の下側はこのときがもっとも明るい色になりました。
砲塔横のコントラストはこのときがもっとも強い。

「おまえがオートを使うからだろ」といわれそうですが
マニュアルとか普通の人はつかわないと思います(絞り優先AEがついている機種の方がコンパクトデジタルカメラではめずらしく、ほとんどはオートとシーンモードのみ。模型モードというのをつけて欲しい)。

光を当てる方向を変えたり、地面から白を取り去ると
かなり変化します。
写し方を変える

露出補正をプラス方向に変えると
写真は明るく白っぽいフィルターがかかったように変化します(この機能はすべてのデジカメについています)。
露出方法変えるん!?これって、白やグレイを混ぜて塗ったのと同じじゃ??

ついでに、カメラを変えると
でてくる色も微妙に異なります。
カメラ変えるnikonP80

さらには、同一のカメラでも
「くっきりカラー」とか「すっきりカラー」とかあるうえに、コントラストや色の濃さをマニュアルで変化できる機能がついてる機種があり
それぞれに、少しずつ異なる出力が得られる。

たぶん、何十万円もするレンズ交換式カメラも
それぞれに、でてくる絵は違うのでしょう。
同じだったら、存在意義がなくなりますからね。

HiFi(高忠実)を標榜しながら、それぞれに出てくる音の違うオーディオと同様で
カメラの世界も、機種ごとにでてくる絵は違うのでした。
(ほとんど同じだけど、厳密には少し違うという意味です)
(カメラに詳しい方がいたら、間違ってることなど教えてください)

そこで、模型に話を戻しますと
スケールエフェクトを適用して塗料を調色して塗った状態と
露出補正で、やや明るめに露出して撮影した状態は、どうちがうのかなー????と。

もうひとつ、
こんなふうに接写して撮影する場合には
スケールエフェクトを適用した色は、正確性を欠く(本来の車体色からズレが大きくなる)のではないかなー????と。
近接撮影



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
レスが付いております
まずはお知らせです。
私の記事にコメントを頂きましてありがとうございました。
あの記事で宮崎さんあてにヤタさんからレスが付いておりますのでご一読下さい。
URLはリンク貼っております。

さて、作品画像の件は私はどっちかというと無頓着な方ですのでこういう話はとても面白いです。
ブログで作品公開するのならもっと研究をしなくてはいけないのでしょうが・・・
しかし、最後の画像は「本物」にしか見えません。
むーーー。
2009/03/19 (木) 22:22:11 | URL | NOid #HSo7gLBY[ 編集]
お知らせありがとうございます
レス読ませていただきました。
のちほど、ヤタさんのブログの方へご挨拶させていただきます。

このM113A1ファイアーサポートの写真は、お恥ずかしいかぎりなのですが
もし、最後の写真が本物のように見えるとすれば
みなさんの作品も太陽光をあてて(光源の種類によっても色は変わります)
できるだけ近接撮影し
さらに撮れた写真を拡大すると
おどろくべき画像が写っているかもしれませんよ。
たぶん、かなり本物っぽく見える可能性大です。
2009/03/20 (金) 22:07:27 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
宮崎 様

初めまして、ヤタと申します。
NOidさんの所ではお褒めに預かり光栄です。
すっごく光栄です。
初めて宮崎さんのブログを見た時は凄い衝撃でした。
「うわーこれ本物じゃん!」と。
正直言いますとAFV関係のブログはてんで興味が無く、一つも自分からブックマークしておりませんでした。唯一の例外となったのが宮崎さんのブログです。
今までもひっそりとROMさせて頂き、ギャリア塗る時はかなり参考にしちゃいました、最初はマネしてました(^ ^)
今後はこちらのブログのお気に入りリンクに加えさせて戴きたく宜しくお願い致します。


さて、この記事に書かれている、
「写真形態が最終出力」
ブログで作品の発表をしている限りこの考え方には全く同意です。
ただ「本物っぽく見せる」に関しては私の写真はまだまだですね。
あと私も逆光は大好きです(^ ^)
デジカメ+ブログで色を正確に表現するのはかなり難しい作業ですね、各社のデジカメで癖があるのも当然ですが、同じメーカーでも違う機種になると色具合が変わります。
蛍光灯の場合ですとシャッタースピードによっても変わったり、背景の色を変えればホワイトバランスがずれるのでそれでも変わるし・・。
私の場合完成写真のみフォトショップである程度の調整をしています。
しかしこれも閲覧されている方々のディスプレイによって変わってしまうので完璧にはならないんですが(^ ^;

今後もちょくちょくお伺いさせて頂きます、
というか今までもほぼ毎日拝見させて頂いてました。
これからも宜しくお願い致します。
2009/03/21 (土) 21:03:13 | URL | ヤタ #-[ 編集]
勉強になりました、自分はモケイも写真もイマイチ詰めが甘いので、こういうお話は興味深々でして、背景紙でも色が変わるってのも、知らなかったので、参考になりました!
でも、最後の写真は正直、本物かと思いましたよ!
あと、自分も百均で、アクリル買って来ました!宮崎さんのブログで勉強しながら、いろいろ試してみたいと思ってます♪
2009/03/21 (土) 23:22:51 | URL | hikogun #2Gd6V9DA[ 編集]
ヤタ様はじめまして!
かつて、どろぼうひげさんがスターデストロイヤーで激闘されていたときブログを毎日のように見ていまして、そのころからお名前だけは存じておりました。
「スターウォーズの世界は、とんでもない人たちが、うようよいるなあ」
と思っていまして、
その世界の大御所から、ご挨拶いただき恐縮です。

>AFV関係のブログはてんで興味が無く
はははは・・(笑)そうですよねえ。
読んでいただけて、光栄です。
分野がちがえば、製作方法も、段取りも、考え方も、テクニックもまったくことなりますが
ヤタさんのブログで、ひさびさに本格的なリアル志向のギャリアを見せていただきまして
製作過程における、きらめくような才能や、特撮の完成写真におおいに共感を感じました。

模型にはいろんな楽しみ方があると思いますが
「ホンモノにみえるように努力と工夫をして遊ぶ」という志向性が、「似ている!まるで自分を見ているかのよう」と思ってしまったのです。

つねに意欲的に進歩を重ねていらっしゃるので
見習って、いきたいと思います。
2009/03/22 (日) 01:14:55 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
粘度の調節を
おお!百均のアクリル買われましたか!
調色するとき、混ぜなが、らねちねちされるとは思いますが
そのままで塗ると、けっこう塗膜が厚くなってしまいます。
水を一滴加えてから塗った方が、薄い塗膜で、細かいキズをつけやすくなると思いますよ。

>正直、本物かと思いましたよ!
う~ん、こちらが考え込んでしまいますね。
おそらく実車の写真を一度でも見られると、また別の感想をもたれるかもしれません。
2009/03/22 (日) 01:27:51 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
毎日100件以上のアクセスがある宮崎さんのブログをうらやましく思っていましたが、それはそれでプレッシャーになるんですね。言われてみて、そうかと思いました。
アクセス数が多ければ単純にうれしいのですが、増えれば増えるほど、よりレベルの高い作品を作らねばと、僕なんか強迫観念に縛られてしまうでしょう。
ということは、今くらいのところで好きなものをちんたら作っていたほうが、僕にとっては精神的にいいかも。
2009/03/26 (木) 22:30:08 | URL | そっかー、プレッシャーかあ。 #-[ 編集]
まちがえました
プレッシャーに関するコメント、タイトルと名前を間違えて入れてしまいました。(笑)コメントするの久しぶりだからなあ。
ちゃんと欠かさず読んでましたけど、宮崎さんのブログ、コメントもレベル高いから、ろくでもないこと書けなくて。
2009/03/26 (木) 22:39:17 | URL | ヒロナリ #-[ 編集]
そうなんですよ
閲覧数が増えるのは、基本的にはうれしいですね。
でも、見てる方に有用な記事を書きたいと思ってしまうわけでして、それがプレッシャーになります。
しかも、仕事が忙しくて模型をさわる時間をとれないときは、更新が遅れてしまうので
ここでも更新強迫プレッシャーを感じてしまうんですね。
つまらないネタならいくらでもあるにはあるのですが・・・。

ブロガーのみなさんは偉いなーと、自分がやってみてわかるんですね。
2009/03/27 (金) 01:59:52 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。