戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界の中心で愛を叫び、道路の真ん中にKVを置く
道路の真ん中にKV-IIを置いてみました。
夕暮れ時、日光は射していませんが、空はまだ明るい状態です。
KV-IIはウチののタレントの中でも、もっとも暗く見える作品のひとつ。
カメラとの距離は5~6メートルぐらいでしょうか。
世界の真ん中で
まあ、黒い点に見えますね。
本物の戦車は、この距離から見るでしょうが
1/35戦車をこの距離から見るでしょうか??

例の、小さいものは暗く見えるという画像は
「観賞距離」という問題がすっぽりと抜け落ちていると思うのです。

「小さいものはそのぶん、近づいて見る」
ので、額面通りのスケールエフェクトは現れない可能性があります。

もうひとつ別の問題として
写真撮影における測光の問題(マルチ測光かピンポイント測光か、ピンポイントならどこを測光させるか)があります。
この画像では、空の占める割合が多いので
カメラはそれを測光するのでしょう。

もう一度、3メートルぐらいに近づけて撮影してみます。
道路の真ん中で
今度は、カメラが道路を重点に測光したようです。
道路自体も明るく写りましたし、KV-IIも本来の色に近づいてきました。

どこを測光させるかによって画像全体の明るさが変化するということは
被写体である戦車に近づいて
戦車自体を測光させれば、塗った色より必ず暗く写ることもないと思うんですが。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
ひやひや
こんにちは。

実際に小さいものが暗く移るという前回の検証は興味深いものでした。

で、今回の実験ですが本題よりも、車が模型を踏まないか、そればかりが気になりヒヤヒヤしてしまいました。何事もなかったようで良かった~。
2009/04/01 (水) 14:54:36 | URL | えむろぼ #kEawCMz.[ 編集]
やはりクルマは
やはりクルマは、数台通りました!

それよりも、赤ちゃんを連れたお母さんが散歩していて、怪訝そうな顔で見られたのが
何とも言えなかったですね。
2009/04/03 (金) 07:21:41 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。