戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
立体的な表面処理の圧倒的情報量
ザクヘッドを扱っているとき、不思議な体験をしました。
パステルを塗り付けただけの画像が、思いがけず多大な情報量を持っていたのです。
画像の情報量
本物の写真と、模型の写真を比べたとき
「いったいどこがちがうのか?」ということが常々頭に引っかかっていました。
あるとき、思いついたのが
「情報量の差」でした。
どうやら、サムネイルのような小さなものでも
新聞記事のような解像度の荒い写真でも
本物の写真の方が、似たような模型の写真よりも圧倒的な情報量があるようなのです。

ここまでは誰しも同じように考えるところでしょう。
そこで、塗装に工夫を凝らして、多くの情報を付加しようと試みがなされます。
わたしも、三突で同じようにやってみました。

ところが、どんなに凝った塗装よりも、
ざらざらのパステルのザクヘッドの方が情報量がはるかに多いのです。
ここで、立体の持つ圧倒的な情報量に気づかされました。

立体的なテクスチャーを持たせて情報量を増やすことが、当面の表面塗装の課題になっています。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。