戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白立ち上げ法 前編
エアブラシを使った「黒立ち上げ」というのは見たことがありますが
「白立ち上げ」は見たことがないなあ・・・
そこで
どうせ油彩を使うなら
思いっきりカンバスに見立てて、100パーセント「描いて」みたらどうなんだ
と思っちゃいました。

ラッカーのフラットホワイトでベースを作ります。
白立ち上げベースホワイト

わたしのもらった油彩は
キャップがこびりついていて開けることができず
チューブのお尻や、途中を破いて色を出しているんですよ。
白立ち上げ油彩
油彩で絵を描くのは、高校の時の美術の時間以来
二度目です。
こりゃまずいです。
これでリアルまでもっていくことは、まず不可能。
どうやって他の部分と整合性をとるか、難題です。

一日経って、触ってみました。
ヌルッ!
ギョエー!かなり薄めて塗ったのに、まったく乾いていません。

模型用塗料は作業性重視だったのですね。
すぐ乾くには、それなりの利点があったのです。

油彩は長期戦になりそうです。
というわけで、後編に続きます。(いつになるか不明です)(汗)

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
はじめましてーー^^
なにやら面白そうな塗装してたので
よらせていただきました。

油彩の緑は数年乾きませんよーー
2009/04/24 (金) 05:00:58 | URL | めきすこ #-[ 編集]
すいません、コメント途中で切れちゃいました。
数年は冗談です^^
後編楽しみにしてます。
2009/04/24 (金) 05:12:22 | URL | めきすこ #-[ 編集]
高校生の頃
あのショパードペイン氏の「How To Bild Diolama」がバイブルだった私は油彩でフィギュアを塗りました。一週間は乾きませんでした。結局完全に乾く前に全部落としてエナメルでやり直しました。なので、油彩がどれ位で乾くものなのか全く知識がないのです。ドライヤーとかで暖めると早く乾いたりするんですかね?絵の場合は雑誌に挟んで「油抜き」をすると直ぐに乾くと聞いたことがありますが、立体物ですからねぇ…。
2009/04/24 (金) 10:03:22 | URL | えむろぼ #-[ 編集]
キャラモでは発色を良くするのに白サフ・白ベースは使いますが、
白立ち上げとは。
しかも描き込みで ですか!
効果の程,私も楽しみにしています!
2009/04/24 (金) 19:59:05 | URL | いさな. #-[ 編集]
はじめまして!めきすこさん
>数年乾きませんよ
そんな予感がしていたんですよ。
たとえ、数ヶ月だとしても
全体を塗るような用途には、油彩は使えませんね、これでは。

でも、これくらいでめげはしませんよ。
フィードバックして、対策を検討中です。
2009/04/24 (金) 23:42:45 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
ショパードペイン
やはり油は、容易には揮発しないようですね。
えむろぼさんからショパードペインの名が出てくるとは、意外です。
少しはAFVにも興味を持たれてたんですね。

「油抜き」という手もありますか!
化粧用のあぶらとり紙をあててみたらどうなりますか・・・。

2009/04/24 (金) 23:50:56 | URL | 宮崎 #cXp81IFc[ 編集]
未知のおもしろさ
>楽しみにしています!
まったくどういった展開になるか
予測がつかないので
自分でも、たのしみなんですよ、いさな.さん!
2009/04/24 (金) 23:54:05 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
ご無沙汰しております、、、
久しぶりに神塗りのページを読みにきたら、なんと油彩の話が!!
実は、コンペ用のファルケを塗るのに「アクリラ」を購入、、、
(アクリル樹脂絵具の油彩)
そんで、知識も無いのにいらないパーツに試し塗りしながら、乾くのを待ち、あまりにも乾かなくて、画材屋にエマージェンシーコールをすると、「はい、1ヶ月は触らないでください」との返事、、、
もう、硬直してました(大笑!)
実験で、かなり深みのある塗り重ねが可能なのは分かったのですが、コレ、趣味や仕事では使用できませんよねぇ?!
(とか言って15本も買っちゃったよ!!大粒涙、、、笑)
乾燥剤みたいな薬品を使用してもさほど速度に変化は得られないそうです、、、
やっぱ模型には無理そうですよねぇ、、、
(指紋がつくので持てないし、、)
2009/04/25 (土) 00:56:16 | URL | n.blood #-[ 編集]
模型のルーツは…
タミヤのミリタリーミニチュアシリーズと、ウォーターラインシリーズでした。当時はガンプラが登場する前だったので、必然的に2次大戦モノが少年の憧れの的でした。
2009/04/25 (土) 01:06:54 | URL | えむろぼ #kEawCMz.[ 編集]
乾燥IV(5日前後)
わたしの持ってる油絵の具のチューブをよく見たら、
ちいさくちいさく
「乾燥IV(5日前後)」と
ちゃんと書いてありました。
色によって、少しばらつきがあるようです。
一ヶ月さわるなとは、またたいへんな代物ですね(笑)!
溶剤で薄めてウォシングのような使い方だと、すぐ乾くかも。
おそらくn.blood さんなら、すぐ有効な使い道を探されると思いますので
心配もしてませんです、はは。

2009/04/25 (土) 17:16:13 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
ルーツ
>ガンプラが登場する前
そうだったんですね。
まだガンプラはなかったですからね。
MMシリーズやWLシリーズに育てられたですもんね。

関連して
今や、AFVは
40歳代が中心世代。
ガンプラ世代より若い人たちには、縁遠いジャンルになってしまっているようで憂慮しています。
2009/04/25 (土) 17:23:00 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。