戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほぼ完成、ガンタンク
写真には2種類しかない。
実物より良く写った写真か、悪く写った写真かだ。

アラの多い作品は、実物より良く写った写真でごまかすしかない。
あとわずかに手を入れれば完成のガンタンクです。
(細部のわずかな部分にあちこち手を入れるのですが、大勢に影響がない、というかほとんどわからないので、ほぼ完成と言ってよいと思います)
ほぼ完成ガンタンク
1/144スケールは、キビシかったです。
やりたいことは、まだありましたが
工作的には小さすぎるゆえの困難が立ちはだかりました。
また塗装においては、あまりに長期に渡る製作の結果、作る側の方が成長してしまって
古い部分が見るに耐えなくなってしまいました。
ガンタンク砲身
そのなかでも、砲身や両腕のミサイルランチャーの塗装は、スケール的な破綻なく、うまくいった方だと思います。
ガンタンク誰も見たことない後ろ姿
けっこう、こりごりしました。
日常的にミニスケールを作っている方には敬意を表したい気持です。

「最初のモチベーションを最後までどうやって保つか」も今後の大きな課題です。

テーマ:ガンプラ大好き - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
ははぁ~。
やはり宮崎さんの塗装にはハッとしますね。
砲身のカンジ、やってみたい。
過去のログをガン見したいと思います。
1/144は僕はやらないのですが
1/100も考えてみれば小さいんですよね。
「スケール的に波状無く」という観点では
最近、流用パーツ取りに1/72の戦闘機を買いました。ディティールの収まりが
自然に感じたのです。
工作にしろ塗装にしろスケール感の大事さを考察する日々でございます。

2009/05/13 (水) 00:19:17 | URL | イタ男 #-[ 編集]
スケール感
やはり、架空の存在であるモビルスーツが
あたかも本当にあるかのように
見せることが楽しいと思うのです。
小さなスケールの模型を、本来の大きさに感じさせることが出来たなら・・・
そこから始まる空想が楽しいものなんですね。
円谷特撮世代で育ったせいもあるのでしょうか。
本物に見せるということに、どうしてもこだわってしまうものですから
スケール感は、とっても大事にしています。

次に手を出すなら、1/60か1/35が望ましいですね。
(1/100に手を出しているのは内緒です)
2009/05/14 (木) 01:39:59 | URL | 宮崎 #cXp81IFc[ 編集]
こんばんわ!

また凄いリアリティな作品を!
ありがとうございました!!
とくに、三枚目の写真がお気に入りです!!
砲塔に追加されたディテもカッコよく
ウチの止まってしまってるタンクを
こさえるときの参考になりました!!

写真の撮りかたも、もっと勉強したいので
また、お邪魔させていただきます!
2009/05/18 (月) 00:27:32 | URL | hikogun #2Gd6V9DA[ 編集]
こんばんは!hikogunさん
ありがとうございます!
写真に関しては、できるだけ
「まだ誰も見たことのない」写真を撮るように心がけています。
見せ方の切り口を、もっともっと工夫することによって、見る人に驚きの感覚(センス・オブ・ワンダー)を与えられたらと思う訳です。
それが楽しんで見てもらえることにつながるでしょうから。
モデラーが、相互に刺激しあえるっていいですね。
hikogunさんの驚きの作品、次回作にも期待します。
2009/05/18 (月) 19:54:48 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。