戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
賞賛か罵倒か
初手、20分。
『ヒカルの碁』において、はじめて塔矢光洋と対局した時、佐為が打ち始めるまで考え込んだ時間です。
囲碁の対局では、数手を打ってから、突然手が止まり
数十分、長考する棋士もいらっしゃいます。
「ここで手を止めて、何かわかるんですか?時間がもったいなかろうに」
と思ってしまいます。
初手20分
でも、その気持、今回わかりました。
この状態から、手が止まってものすごく考え込んでしまいました。
こんなことになろうとは予期しませんでしたが
眺めては置き、眺めては置き、数日考え込みました。

「ここからどんなプランで塗り進めようか。こんどは、どんな新しい試みを試そうか」
「ああして・・・こうして・・・そこで、こうしてみたら・・・」
「もし、失敗したらどうなるのか」
「失敗を恐れて保守的に行ってどうする、これまでにやってないことを試してこそ何かがつかめるじゃないか」

要するに、未知の仕上がりの予想できない塗装プランに、結果がついてくるかどうか、それを公開できるかどうかの葛藤だったのです。

そして・・・・腹をくくりました。

賞賛か罵倒か、雑誌のライターでは怖くて発表出来ないような冒険をできることが個人のブログの良いところ。
ダメならダメで、いい。
結果は潔く受け入れよう。
やったことのないことをやることに決めました。

えんぴつ粉をかけます。
えんぴつ粉かける

擦り付けます。
えんぴつ粉擦りつける

擦り付けまで終了したところ。
擦り付け完成
ここまでは、いつもとかわりません。

なんと、ここでポスカ投入です。
ポスカ投入

ポスカ「ホワイト」で塗ったところ以外を
調色したグリーン「6色」で塗ります。
6色グリーン塗り分け
タミヤアクリル「濃緑色」と「フラットホワイト」の混合比を変え
8:2、 7:3、 6:4、 5:5、 4:6、 3:7のように
6色のグリーンをつくってパネルごとに塗り分けました。
白立ち上げふたたび
さあ、ここからが本当の戦いです。
そう、「白立ち上げ」ふたたびなのです。

砲塔の雑具箱のその後も含めて
「白立ち上げ法 後編」に続きます。


テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
おお
続きが楽しみです~。
サイロンレーダーは白アクリルの剥がし、エナメルによる墨入れ、油彩による汚れ、などをちまちまと進めています。
2009/05/15 (金) 10:09:55 | URL | えむろぼ #-[ 編集]
期待
効果のほど、どのようになるのか期待しながら後編をお待ち致します。
楽しみです!!

2009/05/15 (金) 21:25:05 | URL | いさな. #-[ 編集]
61式つくってくれ!
2009/05/15 (金) 23:30:03 | URL | RX-78-2 ガンダム #-[ 編集]
宮崎さんの挑戦する姿勢にはいつも励まされます。

続きが楽しみです。

2009/05/15 (金) 23:57:07 | URL | hanio777 #-[ 編集]
>えむろぼさんへ
やるだけやってみますよ。

サイロンレーダー進んでいるようですね。
えむろぼさんの表現がどうなるのか、たのしみにしています。

>いさな.さんへ
期待に添える結果が出ると良いのですが。
期待すかしに終わらないようなんとかしたいところです。

>RX-78-2 ガンダムさんへ
はじめまして、RX-78-2 ガンダムさん。
お気持ちはわかりますので
作りたいと思います。

製作途中で、7ミリパイプが必要となりましたが、当方田舎に住んでおりまして、大きな模型店まで60キロほどございます。
パイプ一本に、そこまで買いに走るのは、いささか時間も費用もムダが多すぎますので、何かのついでにと考えておりました。
それが中断していた最大の理由です。

それにしても、ガンダムのお若いの、
学ぶことは世の中にたくさんあるものですね。

>hanio777さんへ
コメントありがとうございます。
いつもすばらしい完成品を生み出さねばならないプレッシャーがありますが
開き直って、考え方を変えました。
まだまだ「へたくそな自分」が、本来の姿であると。
無限の工夫の余地がある塗装の世界に
足を踏み出したばかりのヒヨッコであると。
事実そうなのだから、これからはヘタな作品も、失敗も、おそれず見せていきます。
それが誰かの参考になるなら
そちらの方が意味のあることであろうと。

という訳ですので、これからもよろしく。
突っ込みも、希望しています。
2009/05/16 (土) 19:45:51 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
おもしろい!
ホントに宮崎さんのブログは面白いです。
模型雑誌の製作記事は、(超級技術指南は別として)、字数の制限もあるせいか、とおりいっぺんの事しか書かれてないので、こんなさまざまな挑戦が見られるこのブログは、とても面白いです。
これからも楽しみにしてます。
2009/05/17 (日) 20:34:37 | URL | ヒロナリ #-[ 編集]
ヒロナリさんへ
おひさしぶりです!
できるだけ、面白くて、役に立つ記事を目標にしています!
まずは、「表面の凹凸さえわかる拡大写真」が第一。
できるかぎり解像度の高い大きな写真を用意するよう心がけています。
だって、模型誌の写真って小さすぎて、ナニがなんだか分からないですから。
写す技術の至らなかった時は、ごめんなさいですが。

つぎに、「革新と創造」。
模型の楽しみ方、作り方にはいろいろあると思いますが、ここでは出来るかぎり本物に近づける(近づけながらも、ちょっとひとひねり個性も加える)という方向で、
そのために考えうるありとあらゆる方策を、試していきたいと思っています。
もし、その過程で、カンタンにだれでもリアルを実現できる方法が見つかったりしたら大成功といえるでしょう。
あまたの失敗の陰に、成功があることもわかっていただけると思います。
創意工夫が、模型製作の醍醐味ですよね。

まあ、わたしのあがきを笑いながら楽しんでいただければ本望です。
2009/05/18 (月) 18:11:22 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。