戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エグゾースト表現を考える
「パステル厚塗り法」の排気管への応用を試します。
タイガー I 型の排気管は、排気管カバーによって見えなくなってしまいますので
ここも新表現を試すには、絶好のパーツといえます。

排気管はこれまでも非常に「らしい」表現が開発されてきた部分であり
リアル感の増幅に一役買っていることが多いのですが
表現のバリエーションとしても、
「パステル厚塗り法」は試して損のない結果が予想されます。
エグゾースト各種左奥より、タミヤ、AFV CLUB、ドラゴン

例のごとく、パステルを塗り付けます。
今回は、瞬間接着剤ではなく、タミヤセメントにしてみました。
瞬間接着剤では、硬く硬化して刃が立たないことが、ままあったからです。
エグゾーストパステル
使用したパステルは、タミヤに「ブラック」、
AFV CLUBに「濃いサビ色(nouvel 143)」、 
ドラゴンに「紫がかったサビ色(nouvel 145)」と「すべての混色」を試します。

この上から、ラッカー、アクリル、パステルとも併用してサビ色で塗ります。
エグゾーストサビ色
当然、パステルは「歯ブラシ飛散法」を用いています。

さあ、ここから、塗膜をパリパリと破いて
焼けこげてボロボロになった鉄の再現ができるのでしょうか。
結果は、続きを。
タミヤタイガー I 型エグゾースト
思ったよりパステルの塗り付け量が少なかったのでしょうか。
思ったように、破れる部分がありません。
AFV CLUBタイガー I 型エグゾースト
もっと全体的にまんべんなくポロポロと剥がれ落ちるようなイメージだったのですが、
思ったほど落ちません。
ドラゴンタイガー I 型エグゾースト
塗り付けるパステルは「黒っぽい色」の方が、明らかに良い結果が出ています。

思った通りの結果は得られませんでしたが、若干の修正を加えれば、それなりに使える表現であると結論します。

パステルをくっつける接着剤は、何がいちばんいいのか?これが最大の課題です。
海老フライのように、きれいにまんべんなくパステルをかぶせる方法があるのでしょうか。

タミヤとAFV CLUBは、車体に接着してしまいました。
ドラゴンは、もう一度、白紙に戻してリベンジしたいと思います。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
圧巻
>>若干の修正を加えれば、それなりに使える表現であると結論します

私には実用十分なレヴェルにしか見えません…。凄い。
でも確かに暗色の方がより らしい 感じはしますね。


素人考えではありますが濃度を調整した溶きパテ+ラッカー塗料などはどうなのでしょうか?
私の作るABでよく使うのですがベースカラーも調色できますし、
全体をまんべんなく覆うことも…。
パラパラと剥げるなんて事も実際にあるのでセメントでこれだけ出来るのなら、
コレにパステルを混合してもいいのかなとちょっと思ってしまいました。
んー、でも接着力が全然足りないかもしれませんね…。
蛇足で失礼致しました。
2009/05/16 (土) 23:07:10 | URL | いさな. #-[ 編集]
ふむふむ
ドラゴンの向かって左、いい感じですね!
いつもながらの探求魂と完成度には頭が下がります。しかし、今回はタイガーが3両もあることをしりぶったたまげました。
2009/05/17 (日) 23:47:28 | URL | えむろぼ #-[ 編集]
あ、そういえば…
ホビーショーでマスターグレードのガンタンクが発表されたようですね。楽しみです~。(←宮崎さんの作例になるのが)
2009/05/17 (日) 23:48:58 | URL | えむろぼ #-[ 編集]
いさな.さんへ
>溶きパテ+ラッカー塗料などはどうなのでしょうか?
これは!つかえるかも!
パステルを捨てて、色つきパテをパステルの代わりとするわけですね。
ぽろぽろと崩れる様は、パテでも同様の効果が期待できそうですね。
今度、「パテ厚塗り法」として実験してみます。

蛇足ながら、パテを瞬間接着剤やタミヤセメント代わりに使うことは、ザクヘッドでやったんです。
あの、グレー色が現れて、即、却下になりました。

有意義なアイディアありがとうございます。
2009/05/18 (月) 20:02:39 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
えむろぼさんへ
>ドラゴンの向かって左、いい感じ
えむろぼさんは、ドラゴンがいい感じだと思われますか。
それぞれに感じ方がちがい、面白いですね。

想像だけでやっちゃったところはありますので、実物を良く見て、決定版をドラゴンで実現したいと計画しています。

ガンタンクはですねー、1/100でもまだ小さいですねー。
悩むところです。
2009/05/18 (月) 20:07:36 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
錆表現
斬新な手法拝見させていただきました。
なかなかいい感じだと思いますが。
質問ですが、はげた状態は、デザインナイフとかではがしてるのでしょうか?
2009/05/26 (火) 18:34:25 | URL | Zaku #tHX44QXM[ 編集]
Zakuさんへ
そうなんです。
デザインナイフ、カッターナイフ(30度鋭角刃)、ピンバイスなど
つかえそうなものを手当り次第に使っています。

粉末のパステルは、おもいっきり厚く接着しても思ったほど付着していないものです。
けっこうガンガンやってだいじょうぶだと思います。
2009/05/26 (火) 23:57:55 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。