戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スランプについて
ちょっとまとまった時間が取れなくて、更新が滞ってしまいました。
ちゃんと手は動かしていたんですがね。
ただ、あんまり忙しくなって、模型に触る時間さえなくなってくると
脳みそが、別の次元へとんでしまって
スランプ気味になってしまうようでもあります。
25ポンド砲プラ
これは、意識的にスランプ状態を作り出すこともできることを示唆しています。
(だれがそんなこと、するかって?)
このブログも、7月で3年目に突入。
そのかんに、スランプ気味になったことといえば、
そう、昨年の夏、友人たちと小旅行に行ったあと、なんとなく模型に触るのが億劫になったことがありました。
旅行とかは、スランプのきっかけになりやすいみたいですね。
本田直之著『図解レバレッジ勉強法』(大和書房)のなかで
スランプにならない方法が解説されています。

『わたしの場合、第一に「スランプだな」と思わないことにしています。
自分の「気分」は、100パーセント無視するのが原則です。
スランプだろうが雨でやる気が出なかろうが、とにかく作ってある時間割どおりに「やる」のです。
これは根性論ではありません。
「いかにラクをするか」を追求しているときに見つけた「脳の仕組み」を利用しているだけです。
(中略)
池谷裕二さんと糸井重里さんの共著、『海馬 脳は疲れない』(新潮文庫)によると、
やる気がなくても作業を開始すると、
脳の側座核という部分が興奮してやる気が出てくるそうです。
「作業興奮」といい、この理論はやる気のメカニズムとして予備校やコーチングの世界でも取り入れられています。
(中略)
考えずに、とにかくやる。
そのために、ちょっとでもいいから動き始めるような仕組みをつくってしまいましょう。
考えないで「仕組み」に頼ることのメリットは計り知れません。
逆に言えば、脳の仕組みがそうできているのですから、やる気が出ない自分を責めても意味がないことを覚えておきましょう。』

やはり、1日10分でも触るようにしたら、良さそうですね。
難しい局面にさしかかっているときは、別のキットの簡単な部分から入るようにするとか。
25ポンド砲下地塗り下塗りをした25ポンド砲

さて、タミヤのイギリス軍25ポンド砲が、そうだということでもないのですが
手っ取り早く、塗りにはいれる題材が欲しくて
火砲に手を出しています。
素組みで、組み立てカンタン、もう塗れます。
イタレリのPak38と比べると、ダボ穴が、がばがばなんです。
ガイドピンが、ガイドの意味をなさないくらい。
古いキットなので、精度が低いと思いきや、理由はそれだけではないかもしれません。
バンダイやイタレリのように、内部応力を溜めた状態で
塗料を(とくに槍玉に挙がるエナメル塗料)流すと、ひびが入ります。
エナメル塗料の販売元であるタミヤが、そんなことではまずいと考えているからではないでしょうか。
25ポンド砲えんぴつ粉またもえんぴつ粉をすり付けてます

小、中学生の頃は、すべてエナメル塗料だけで仕上げていました。
当時、塗料が原因で「割れた」と感じた経験は皆無です。

基本塗装色は、ものすごく褪色を意識した色を使いました。
本当の意味で、褪色表現、第1号が、本作になります。
25ポンド砲基本塗装
ここまでの手順は、いつも通り。
もはや、わたしの「定石」になりました。

問題は、「ここからどうやってホンモノにみえるようにしていくのか」、
そして、その手順をどうやって説明するのか。

毎回、定石のない試行錯誤でやってますし、
一段一段の変化は、写真に撮ってもよくわからないほどの微妙な変化の繰り返しですので
うまく説明できず、
記録にも残りにくいステージです。
いつかは、なんとかしたいと考えている課題のひとつですね。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
なるほど~
私もめんどうだなぁ、と思うとしばらく触らない日々が続きます。
とにかくやるんですね、やってみます。^^;

最後の写真ですが、こなっぽさがたまりませんね。ガードレールとか触ったら手が白くなるやつが時々ありますが、そんな感じです。
2009/07/16 (木) 08:05:25 | URL | えむろぼ #kEawCMz.[ 編集]
エナメルで割りました
こんにちは宮崎さん、考えずにとにかくやるは、私に打って付けです。・・・(笑)

高校生の頃、1/72の飛行機をハンブロールのエナメルで塗装したのですが、気に入らずシンナーで落とそうとした時に、翼全面に蜘蛛の巣のようなひび割れが走りました。勿論機体はその後、廃棄処分となりました。・・・(笑)

宮崎さんのおっしゃる様にタミヤ製品でそうした記憶はありませんね。

それから宮崎さんにお願いなのですが、当方のブログに宮崎さんのブログをリンクさせても宜しいでしょうか?
宮崎さんのブログは敷居が高くてなかなか今まで言い出せなかったのですが、ご検討の程宜しくお願い致します。
2009/07/16 (木) 12:33:15 | URL | Hans=Sheaver #-[ 編集]
はじめまして!
はじめまして!かおりと申します。
ヒロナリさんのブログで戦車AFVfunの宮崎さんが素晴らしいと教えていただき、
今日初めて来させていただきました。
私は女性ですが、戦車プラモデルのファンなんです。チョット前まではドイツ戦車専門に作っていたのですが、
ブログで模型の達人の方々の作品を見ているうちに他の国の戦車にも興味を覚え、先日はソビエトT34を冬季迷彩で作りました。まだまだ初心者の賭け出し物ですが、
楽しみながら戦車模型を作って行きたいと思っております。
宮崎さんはスランプと書いてありましたが、是非また素敵な作品を紹介してくださいね(*^。^*)期待してお待ちしています。では、これからまた遊びにこさせていただきたいと思います。
よろしくお願いいたします(#^.^#)
2009/07/16 (木) 13:39:46 | URL | かおり #UTTqB9Tc[ 編集]
粉っぽさは
粉っぽさは、単純に「フラットホワイト」を多く混ぜてみただけです。
基本塗装色が、どちらかといえば白に近いほど明るめの色で塗られている作品を見たことから
黒っぽく汚れるのは、あっという間なんだし、
最初はこれぐらいから始めるのが正解かも?なんて思ってのことです。

とにかく失敗しようが醜態をさらそうが
何でもかんでもやってみますよー!
2009/07/16 (木) 21:41:22 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
えー?敷居が高かったですか
リンクなんぞ、いくらでもご自由に付けちゃってください。
ウエブ上で公開している情報は、すべてリンクフリーでしょっていうのが持論でして
リンクフリーと謳ってはおりませんでしたが
今度から、どこかに書いておきます。

また、別件ですが

「相互リンク」に関しては
以前、申し込みをいただいた方があったのですが、御勘弁いただきました。
その後、その方は怒ってしまわれたのか
二度と訪問されてはいないようです。

(ごめんなさいね。ブログの中で記事としてご紹介することはいくらでも出来ますので、ご希望の方はお申し出ください。
ただ、コメント欄にURLを記しておけば、興味のある方は見てくださるのではないでしょうか)

リンク先に関しては
ブログの個性の一部として
管理人の考えを表現しても良いのではと考えております。

狭いモデラーの世界で、
相互リンクの行き着く先は
どのサイトでも、同じようなリンクが無制限に並ぶ結果を招くと思います。
これは結局、利用者に不便をもたらしてしまうでしょう。

リンクしていただいた方には
誠に恐縮な思いをしておりますし
「おまえ、なんでオレのサイトをリンクしないんだ!」
といわれると、おつきあいとして
なかなか返す言葉もないのですが
現状は、こちらの判断にゆだねさせていただいております。

リンクしたくても、写真が小さいという理由だけで取り上げていないサイトもあります。(細部がわかるサイトの方がみなさんの役に立つでしょ?)

数々の受賞歴のある過去作品を、アップしてくださいと頼んでいても、なかなかアップされない方もいます(ヒロナリ親分とかです)。

工作だけは、神業という方や
数々の作品の中で、ごく最近の一点だけがものすごい方もいます。
様子見させていただいてます。
(偉そうで申し訳ございません、ほんと)

そんなふうですので、
やがてはハンスさんにリンクさせていただくことになろうかと思いますが
しばらくお待ちください。
リヒターくんともども冴え渡るハンスさんの作品群が増えることを楽しみにしているのです。


2009/07/16 (木) 22:34:38 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
はじめまして!かおりさん
かおりさんは女性v-433なんですかv-238!!!!
わたしの実感に基づく調査では
プラモデルを作ってみようかと思う女性は、1000人のうち3人で、
ほとんどは、ガンプラです。
戦車を作るなんていう奇特な女性は、それこそ10万人に1人であり、
お医者さんでいえば、シスAB型の血液の人を見つけたときのような驚きとうれしさです!
ブログ、拝見させていただきましたが
T34/76、やたらと雰囲気よくできていますよね!
こりゃびっくりですe-451

楽しんでらっしゃる様子が伝わって来て、
「ああ、こんな喜びが本来の楽しみ方だったんだよなあ」
ということを思い出させていただきました。
わたしみたいに変に細部にこだわらず
楽しんでくださればと願います。

Enjoy your life !

2009/07/16 (木) 23:06:37 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
ごめんねーっ!
過去作品のアップ、そんなに待ってらっしゃいましたか。別に出し惜しみしてるわけではなく、ただ単にずぼらなだけです。
このあと、晩御飯食べたら、さっそくアップしまーす!
2009/07/17 (金) 19:20:00 | URL | ヒロナリ #-[ 編集]
リンク先について
宮崎さんのリンクに関するお考え、私も同じ様に考えています。
宮崎さんもご存じの様に私のブログのリンク先はヒロナリさんとかおりさんだけです。(モデラーは)
HPにはリンクフリーと表示しながらリンク先の項目もないと言った具合です。
最近までブログにカウンターもなければ、訪問先に足跡すら残していませんでした。
変更は全て息子がしてくれています。(私にはできません・・・情)
宮崎さんの了解を得ましたので、慌てずに時期をみてリンクを張らせて頂こうと、いまは考えています。

2009/07/17 (金) 19:44:03 | URL | Hans=Sheaver #-[ 編集]
>ヒロナリさんへ
楽しみにしていまーす!
2009/07/17 (金) 23:32:20 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
>Hans=Sheaverさんへ
ブログの扱い方は、そのうち慣れると思いますよ。
息子さんに尋ねながら、少しずつやってみられると、だんだんできるようになりますから。

わからない機能は、わたしにもたくさんあります(笑)。
2009/07/17 (金) 23:36:45 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。