戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つまようじチッピングをやってみる
熱田さんの「つまようじチッピング」を試す題材に
基本塗装の済んだ25ポンド砲は格好です。

さっそくやってみました。
「げ! ちっともそれらしくならない!」
つまようじチッピング1

「うわっ! なんじゃこれ」
つまようじチッピング2

つまようじチッピングとは、油彩のバーントアンバーをつまようじの先に付けて
塗装面にこまかなサビをのせていくものだと理解していましたが
浅はかでした。
ヒロナリさんの記事でも、カンタンにリアルなキズができる!と書いてあったものですから、てっきり簡単なんだと思い込んでナメてました。

いかなる技法でも、それを単純に用いたからといって
リアルになるわけではなく、
つまようじに付ける絵の具の量とか、
あらかじめ新聞紙などにこすりつけて、かすれるぐらいに調節するとか
つまようじを寝かしてまわしながら擦りつけるとか
起こしてはじくとか、
それなりのコツというか、さじ加減が必要なのは当然といえば当然だったのです。
つねに、リアルに見えるかを自分で判断しながらやるべきでした。
盲目的に技法に頼る危険を再認識。

最後は自分の感覚を信じて、調整しながらやるということですね。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
同感です(汗)
なぜだか模型の場合は、迷彩塗装やらウェザリングやら、
ぶっつけ本番になりがちなのですが、何事も練習ありきだなと気付きまして
最近はプラ板で練習したりしております(笑)
2009/07/18 (土) 00:42:07 | URL | カーク3等陸士 #LgqzBD46[ 編集]
初カキコです。超参考にさせていただいてます。
リアルって難しいですよね。そんなアナタに!
私はダイソーでなかなか面白いものを発見しました。

ミニワイヤーブラシ
真鍮とステンレスで塗膜をガリガリと、ナイロンでブラシ飛散法など。
ニッパーで1ブロック引っこ抜いてから使ってます。

デッサンセット
B4鉛筆は木部がないので、大量の鉛筆粉が簡単に作れます。重いですw
擦筆はぼかしに使えます。
木炭は墨なのでスス表現ができます。
え、もう使ってる??

どんなプロモデラーよりもあなたこそが我らの師匠です!
2009/07/18 (土) 10:45:36 | URL | king chi-he #-[ 編集]
思うに・・・
技法は人それぞれ自分に合った方法があると思います。
私には宮崎さんは自分の路線を崩さないでブレずに自分なりの道を精進された方が良いと思います。
私から見れば今の時点でも宮崎さんは「達人」ですよ。
その精度が上がれば「超人」です。
私なんぞが意見して申し訳ありません。
2009/07/18 (土) 19:03:57 | URL | N0id #HSo7gLBY[ 編集]
>カークさんへ
練習は大切ですよね。
わかっているのに、ぶっつけでやってしまうのが、多いんですよねー(笑)。
つい「こうやったら、さらに良くなるのでは」などと思ってしまい、
確証のない未知の技法に進路変更して
七転八倒するんです。
2009/07/18 (土) 23:50:15 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
はじめまして!king chi-he さん
ワイヤーブラシは試したことがありますが
ナイロンブラシをワンブロック引っこ抜いて使うアイディアは初耳でした。
デッサンセットも百均にありますか!
今度えんぴつ買うときは、芯の太い楕円形のえんぴつを手に入れようと思っていたところです。
木炭は持ってるだけで、まだ実戦には未投入でした。

king chi-he さんのアイディアもまだまだありそうですので
面白いものがありましたら、またご紹介ください。
師匠なんていわれると、ちょいと恥ずかしくなりますが、
個人の力はたかが知れているのも事実です。
みなさんの知恵の集合で、だんだんとすごいものが出来上がっていくのだと思いますので、今後もよろしくお願いします。
作品がありましたら、ぜひ見せてくださいね。
2009/07/18 (土) 23:59:38 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
>NOidさんへ
お久しぶりですNOidさん!
ありがとうございます。

>精度が上がれば
さすがNOidさん、痛いところをしっかりつきますね(笑)。
精度を上げるにはどうすれば良いのでしょうね。
とりあえずは、出来ることをひとつずつこなしていれば、見えてくるものがあるかもしれません。
一足飛びに、上手くなってしまったら、面白味がないですからね(と、負け惜しみ)。
2009/07/19 (日) 00:07:20 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。