戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
砲身の塗装を考える
砲身は、戦車のひとつの見せ場となりますので
どんな仕上げにするか、考えどころです。
ダークイエローの車体に、レッドプライマー色の砲身というのは、よく見る組み合わせで
アクセントとしても配色がよろしいです。
最近では、最新の研究成果をふまえて
グレイプライマー色の砲身が流行になりつつあるようでもあり
これで行きたいなと思ったところが
ヤクトタイガー砲身レッドプライマー色
なーんと、シルバーで下地塗装を済ませた上から
レッドプライマー色で塗装済みの砲身が、転がっているではありませんか!
(すでに塗ったことを忘れていましたよ)

ええい!と懲りずに、またポスカで塗ります。
ヤクトタイガー砲身ポスカ

どうしたものかと、思案しているとポスカが落ち始めました。
それならばと、面白がって、回転させながらティッシュで
さらに、こすり落とします。
ヤクトタイガー砲身ポスカ剥がし

これから、さて、どうする?
と自問自答。
出した答えは、「タミヤウエザリングマスターを塗ったらどうなる?」というもの。
タミヤウエザリングマスター「イエロー」を塗り付けてみました。
ヤクトタイガー砲身ウエザリングマスター
ウエザリングマスターが、基本塗装色になるという前代未聞の技法です。
「たいしてリアルでもない」ですって?
転んでもただでは起きませんよ。
これをヒントに、やや改良技法で、三突の砲身をグレイプライマーバージョンとして仕上げてみたんです。
三突砲身グレイ仕上げ
ちょっと、ちょっと、これ、キタんじゃないですか?

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
おおっ!キテますね!!
うちのキングタイガーP砲身もグレーで塗装する予定ですが、
ただグレー色で塗るだけ・・・(汗)
2009/07/19 (日) 13:43:58 | URL | カーク3等陸士 #LgqzBD46[ 編集]
そのホワイトの上にウェザリングマスターD
オイル(グレー系のパステルでも可)を
水で溶いて、綿棒で塗りつけます。
乾いたら、水をしみ込ませた綿棒で軽くふき取ります。
そしてニッパーで引っこ抜いた真鍮ブラシで・・・

・・・と以前戦車内部を塗装しました。
汚れた白から下地のレッドプライマーや
黒鉛メタリックをいかに見せるかが難しいです。
2009/07/19 (日) 21:07:34 | URL | king chi-he #-[ 編集]
>カークさんへ
キングタイガーもグレー塗装ですか!
カークさんがグレーで塗るだけなわけがないので、
どんな表情を付けられるのか、じっくり観察させていただきますよ。
(といってプレッシャーかけときますね)
2009/07/19 (日) 22:57:29 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
>king chi-heさんへ
ありがとうございます。
なかなかのアイディアマンらしい工夫の数々、参考になります。

ウエザリングマスターは、水で溶くことも出来るのですね。
まだまだ可能性が見えてきました。
車体全体を塗ってみたくなります。

2009/07/19 (日) 23:02:00 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
冬季迷彩の劣化
何だか楽しんでやっている宮崎さんの姿が目に浮かびますよ。
これって冬季迷彩の劣化表現とかに使えますよね。
私はまだ冬季迷彩の塗装をした事が無いので、マーダーⅢの冬季迷彩にグレープライマーバージョンをパクろうかな?・・・(笑)
その時はご指導の程、宜しくお願いしま~す。
2009/07/20 (月) 12:39:52 | URL | Hans=Sheaver #-[ 編集]
冬期迷彩
確かに冬期迷彩の劣化表現にもつかえそうですね!
再現性を高めて、練習してから
やり方をご紹介しますね。
2009/07/20 (月) 23:24:48 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。