戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめての
そうだ、思い出した!
かつて小さなジオラマ、今で言うビネットを一度だけ作ったことがある。
探してみる・・ ・ あった。
チハ1
愕然とする。
「オレって、昔からサビサビじゃん」
チハ2
たぶん中学生の頃だと思われます。
戦車自体は小学生のとき作ったものでしたが、このビネットのために破壊されたのでしょう。
クレヨンを塗り付けたサビです。
ベースは拾ってきたモルタル壁の破片かな。
地面もクレヨン塗り付けです。
チハ3
ジオラマとしてはありがちなシチュエーションですね。
こどもっぽくて、稚拙でかわいいもんです。
それにしても・・・
未だに作っているものが、この頃と同じようなものであることに
自分自身で衝撃を受けてしまいました。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
これが始めての作品ですか・・・!
宮崎さんおはようございます!
お写真拝見しました(*^。^*)
これが小学生の時に作られた作品ですか?私は凄いと思いました!
私はサビの表現が苦手で、
なかなか思い切ってサビを表現する事が出来ないでします。
宮崎さんは今も昔も変わらないような事を書かれていますが、
それは昔から技術が凄かったからだと思います!
宮崎さんのような雰囲気を私も出せるよう、これからも模型作りを楽しみたいと思っています!
私でも出来るサビ表現、
何かありましたらご教授ください!
では、これからもよろしくお願いいたします(*^。^*)
2009/08/07 (金) 08:55:33 | URL | かおり #UTTqB9Tc[ 編集]
おはようございます!
おはようございます。
といっても、もう夜ですが(笑)。

技術的なことよりも、表現しようとしていることが根本的に同じなので、もう、びっくりしてしまいました。
昔から、こうだったのかと。

これはもう、宮崎をどげんかせんとイカンですね。
(え?このままでいいですか)

さて、かおりさんも出来るサビ表現ですが
「過去記事を見てください」
では、あまりに不親切でしょうか。
質問された意欲と勇気に敬意を表し特別講座を設けたい気持もあるのですが
細かいところにこだわらず
今のままのかおりさんで、おおらかに楽しんで欲しい気持もあります。
(子供の頃は、確かに楽しかったはずなのに
 今は楽しんでいるのやら、苦しんでいるのやら・・・)
マチルダのような雰囲気をすぐに出してしまえるのですから
もう一度、おそれずに自分の考えるサビ表現をやってみてからでも遅くはない(自分で試行錯誤してから話を聞いた方がよくわかる)のではないかとも思います。
創造性を発揮するよろこび、たのしみをまだまだたくさん味わってほしい。

でも、少しだけ教えちゃいますね。
スポンジチッピングです。
これはカンタンで効果が高いです。
油絵の具の「バーントアンバー」色を用意しておいてください。
一週間後ぐらいに記事にします。
2009/08/07 (金) 22:39:23 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
ありがとうございます
宮崎さん、お返事ありがとうございました。私は今までサビ表現と言うと、
パステルの茶形の色を何色か混ぜた物をアクリル溶剤で溶いて、
モデルに直接塗りつけ、
乾いてきたら、歯ブラシで余分なパステルをこそげ取る方法を取っていました。
ただ宮崎さんのようなRealな感じがどうしても表現できず、教えをお願いしてしまいました。今61式戦車を作っておりますので、今回は自分なりの方法でやって見たいと思います。教えていただいた、油彩のバーントアンバーは購入しておきます!一週間後くらいの記事、楽しみにしています!これからも、よろしくお願いいたします(*^。^*)
2009/08/08 (土) 13:26:15 | URL | かおり #UTTqB9Tc[ 編集]
センスです
中学生でこれを!
シチュエーション、テクニック、ベースのアイデアなど、並々ならぬセンスを感じます。稚拙といってしまうと、ミもフタもありませんが、これだけのものを作る中学生はザラにはいません。
三つ子の魂百までといいますが、宮崎さんにとってサビは永遠のテーマなんでしょうね。
あ、それから、僕もスポンジチッピングのレクチャー、楽しみにしてます。
2009/08/09 (日) 15:57:52 | URL | ヒロナリ #-[ 編集]
>かおりさんへ
わたしが今やっている表現は、パステルや油彩やアクリル塗料を適材適所に用いるよう心がけた複合技で、四苦八苦しながらリアルに見せるよう努力してみた結果ですので、
ある一つの技法だけで、リアルにはならないかもしれません。
スポンジチッピングは、技の一つとして使ってみられたら、また何かの発見があるかもしれませんね。
お楽しみに。

>ヒロナリさんへ
ありがとうございます。
でも、
ヒロナリさんの中学生時代なら、もっとマシなものを作られていたことだろうと思いますよ(笑)。
なぜだか、あんまりジオラマに強い興味を持てないんですよねえ??

ヒロナリさんのブログに過去作品がどんどん登場するのが楽しみなんです。
2009/08/09 (日) 22:08:57 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。