戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャタピラの塗装
キャタピラは戦車の顔ですよね。
サイドスカートで隠れてしまう車輌ならいざ知らず
オーバーフェンダーなタイガー系列では
女性でいうところのスカートの裾に近いところの太ももに匹敵する「魅せポイント」となります。

で、前回までの組み付けた状態のキャタピラがこれでした。
キャタ1
ベースのNATOブラウンは、サビ色と主張するには、どう見ても赤みが強すぎるようです。

リアルでありながらも、目立つ塗装とはどういうものかを模索しているのですが
とりあえずはリアルでないと見向きもされませんので
ここからどうすればリアルになるのかを探ります。
まずは、強すぎる赤みを消してみることに。
タミヤウエザリングマスター「さび」を塗り付けてみます。
次の一手「次の一手が・・、手がない!」

それなりにはなりますが、ファイン!な感じがない。
どうしたものかと考えあぐねて新展開。
マースイエローウォシング済み
新しい油彩を手に入れました、「マースイエロー」(火星の黄色?)。
これズバリ、チューブのままでサビの色です。
ペトロール(初使用!)でうすめて、ウォッシングします。

最近のモデラーは目が肥えていらっしゃるので
少々のことでは、誰も驚いてくれません。
まだまだこんなんじゃ「こんなんじゃ、まだまだだー、どうすればいいんだ」

クリアオレンジ、パステルなどをひたすら面相筆で描き込んだり
スポンジチッピングも施してみたり
トライ&エラーを続けること数日。
こんなんでどうでしょう。
パーティングライン「変化がないですって?」
パーティングラインや押し出しピン跡が目立つことが、ここに来て判明。
修正して
再び描き込みます。
これでどうですか、ぜえぜえ。
キャタ最終
鮮烈な印象のない、つまらない仕上げになったなあと自分でも思います。
印象度を上げる作業は、車体を組み付けてからやることにしましょう。

(近くで見ても破綻なく)リアルでありながら、(遠くからでも印象的で目立つ)ハデな仕上げの両立が
なかなか難しいと感じています。
でも、寄りで「なーんだ」と思われるのがいちばん悔しいので
ミクロレベルでのリアルさが、最優先です。
ディテール

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
押し出しピン跡
お疲れ様です宮崎さん。
タミヤの連結式キャタピラ、ティーガⅠの時は、裏側(?)に深く押し出しピン跡が刻まれ、目立たなくするのに大変でしね。
キングタイガー用は今回、宮崎さんが製作しているヤクトと同じでパターンの中に刻まれ修正を断念せざるおえませんでした。
その辺は他のHPの記事かホビー誌でタミヤキングタイガー用連結キャタピラは、押し出しピンの跡が無く楽です。なんてのを見た事があります。
なんてお馬鹿な記事と笑っていました。
でも私も、タミヤヤクトを製作しましたがキャタピラの押し出しピン跡に気付きませんでしたね~。
な~んとお馬鹿な事でしう。・・・(落)
2009/08/21 (金) 18:11:39 | URL | Hans=Sheaver #-[ 編集]
じつは気付かない
実際のところ肉眼では、意識しないかぎりは気付かないんですよね。
重箱の隅をつついてメーカーさんにも申し訳ないんですが、
拡大するとあからさまに見えてしまうので
無視するわけにもいかず記事になってしまいました。
泥を被せれば、ほとんど見えなくなるレベルですので、
通常のピグメントを使った汚しをする作品なら、楽に消せると思います。
今回のヤークトタイガーは、泥を被せない作品になる予定なんです。

ところで、まことに勝手ながら
今回、Hans=Sheaver Collectionをリンクに追加させていただきました。
様々な部分での色の出し方は、長い研鑽の末に身に付けられた芸術的感覚があふれていて一朝一夕にマネできるものではないと感じるからです。
ベーシックな作例からだんだんと実力全開の作例も増えそうな気配に
閲覧者の楽しみが増しています。
リヒターくんの活躍も期待しております。
2009/08/21 (金) 20:34:55 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
リンクに付いて
宮崎さんこんばんは。
リンクを貼って頂き誠にありがとうございます。
実は以前より宮崎さんのブログをリンクに追加する作業を、自分なりにしていました。
画面上ではリンク済みになっているのに、ブログのリンク表示に宮崎さんのAFV funが表示されず困っていました。
たまたま本日、仕事が早く終わり帰宅したら息子がいて、宮崎さんがリンクを貼ってくれたので何とかできないかと頼み込み。
いまこちらでも宮崎さんのブログをリンクに追加させて頂きました。
パソコン音痴のハンスですが、プラモデルの製作は簡単に誰でも出来ますをモットーに頑張って行きたいと考えていますので、今後とも宜しくお願いいたします。
2009/08/21 (金) 21:14:54 | URL | Hans=Sheaver #-[ 編集]
いや、もうこれはプロレベルですよ。
ホビー雑誌や海外のサイトに取り上げられてもよいのでは!?

そしてあえてKV-1のキャタピラの写真を貼ってみる。

http://www.thetankmaster.com/images/afv/PART1/KV-1-08.jpg

そして割と師匠の作例に近い、虎のキャタピラ

http://www.track-link.net/gallery/6379

押し出しピン跡・・・嫌ですねぇ。
簡単に履帯裏のピンや、側面のパーティングラインを
処理できれば、キャタピラの組み立てが
3倍楽になると思います。

2009/08/22 (土) 21:52:10 | URL | king chi-he #-[ 編集]
リンクありがとうございます
ハンスさんのすばらしい作例を見て
自分も作ってみようと思われる方がひとりでも増えるとうれしいですね!
2009/08/23 (日) 20:12:29 | URL | 宮崎 #aCjEJllY[ 編集]
king chi-heさん、ありがとうございます
海外モデラーは、長い西洋絵画の歴史を背景に持つだけに、ほんと魅せる塗装をしますよね。
同じことをするだけでは、にわかに勝つことは出来ないので、
塗装方法に工夫を凝らし、これまでにないリアリズムの追求をすることこそが
なんとか彼らに一矢を報いる方法のひとつではないかと思っています。

ホビー誌に取り上げられることはないでしょう。
なぜなら、カステンのキャタピラをほとんど使っていないからです(笑)。

2009/08/23 (日) 20:30:55 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
凄く素敵だと思います(#^.^#)
キャタピラ塗装の苦労、記事を読みながら痛感いたしました。
私の作る戦車はReal間が少ないと自分でも思うのですが、
それはやはりサビとキャタピラの雰囲気にあるのだと改めて感じました。
宮崎さんのキャタピラの写真をアップにしてみたのですが、
本当にRealで、カッコいいと思います。
私も宮崎さんのような表現力が欲しいな!なんて思いました。
これからも宮崎さんの技術を、たくさん参考にさせていただきたいと思います!
2009/08/24 (月) 12:04:35 | URL | かおり #UTTqB9Tc[ 編集]
プラスチックの錬金術師
プラスチックを鉄に変える錬金術師、
それがわれわれAFVモデラーですよね。
工作面では
エッチングパーツの登場、最新キットの高精度化などで
行き着くところまで行った現在、
技術的な最先端は、塗装分野における「質感」表現の追求に移っていると思われます。
本物らしい質感をどうやったら生み出せるのか?
今後は、様々なモデラーがその課題に挑戦し、すごい作例が、徐々にではありますが、見られるようになるのではないでしょうか。
それらは、あっと驚くような方法で塗装されるものかもしれません。
かおりさんの自由な発想と行動力で、いろいろ試されると、びっくりするような塗装が出来るかもしれませんよ。
2009/08/24 (月) 23:25:59 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
ご無沙汰しております、、、、
いやぁ、、またまた「ため息」が出ましたよ、、、今回の画像も、、、
そして、益々冴え渡る「宮崎式レクチャー」、スポンジで行うその作業も複合技でよりいっそうの高みへ持っていく視線の高さに脱帽です!!
宮崎さんのレクチャーをウチも見習わないといけません、、、なんというか?ステップUP式の段階的な説明の上手さに凄く親切で分かりやすい丁寧さが、全然出来ない私にもその気にさせてくれる凄くありがたいレクチャーで、ついつい空き時間にスポンジいたずらしちゃいました(大笑!)
とても「真似できる」レベルには程遠いんですが、すぐに家で試せる実践力のある講習にまたも感動しております、、、いつきても「ふるえます!」
あ!残暑お見舞い申し上げます!
2009/08/25 (火) 04:41:44 | URL | n.blood #-[ 編集]
n.blood さん、お久しぶりです
残暑お見舞い申し上げます!
力強くテンションの高いコメントに、勇気づけられエネルギーをもらえました。
ありがとうございます!

昨日は、中京大中京と日本文理の試合に、感動し制作意欲も大いに増したところでした。
やはり人が感動するような試合ができるということは、その裏にあるこれまでの練習と努力の水準が、ハンパなものではないなと感じさせられました。
少々の困難に臆することなく、もっと強い気持で制作に臨まねばイカンなと気合いを入れ直しています。
世にあるすごい作品って、難しいことを乗り越えてきていることがわかるから、すごいと思ってしまう、思わざるを得ないんでしょう。(濱さんのキュベレイとか)
努力を続ける中で、制作者も人間的に成長していくことが大切で、それでこそ感動するような作品が作れるようになるんだと思います。
高校球児の方が、ずっと人間的に大きいなと感じてしまう今日この頃でした。
2009/08/25 (火) 11:51:05 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。