戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暴力的なまでの強い印象
神業リンクにアダムワイルダーさんのフォトギャラリーを追加しました。
アーマーモデリング誌に載っていたヘッツアーを
ちょっと大きめの画像で見ることが出来ます。
それにしても、やるよなあー、この「ヘッツアー」。
目がチカチカするほどの強烈な印象度。
こんな作品は、日本人には作れない。すくなくともここまで強烈な作品を見たことはありません。
こんな作品を見るとこう言われているかのような気分になります。

「君タチノ作品ハ、作品ト ユウヨリ製品ダネ。個性モ、主張モ、ナイ」

この点については将来の課題として見据え
いつの日か、負けない存在感の作品を作りたいと思うのです。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
こ、こいつはスゴイ!
全体も印象的だけど、金属の重厚感や錆、汚れに加え
StG44のメタリックな質感と木の質感を完璧に再現している!

軍事博物館あたりから、「お前うちの展示物を盗んだのか?」
と連絡が来た次の日、黒い服を着た男たちg(ry
・・・ということが起きれば、それこそが真のリアリティー。
いくら最強のモデラーであってもできまい、ふふふ。
2009/08/30 (日) 21:38:03 | URL | king chi-he #-[ 編集]
そうなんですよ
きちんとリアリティある表現はふまえて
その上で、この目立ち度なのです。
これくらいやらないと他の似たような作品に埋もれてしまうでしょう。
彼の作品はペンキ書きされていたりするのが多い。
これは印象的な作品を作るつぼを心得ているからだと思います。
題材選びも周到です。
2009/08/31 (月) 01:36:06 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
大好物です
こんばんは。

私が「スゴイ」と思うモデラーの中で最も上位に居るのがアダム ワイルダー氏です。
日本人モデラーは超絶テクのスーパーリアル作品を作る人は多いのですが「リアル」を追求し過ぎるあまりに作品から「夢」が感じられないんです。
ここは国民性の違いなのでしょうか?
ワイルダー氏は「100%自分の作風」を持っておられて素晴らしいです。
でも、この方のセンスは民族とかではなくて天性の才能なのだと思います。
2009/09/01 (火) 21:16:43 | URL | N0id #HSo7gLBY[ 編集]
天才ですね
彼は間違いなく一種の天才ですね。
NOidさんのいわれる「夢」の部分が、わたしの感じている「派手さ」「華やかさ」に相当するのでしょうか。
とにかく日本人モデラーの作品にはないものが、確実にありますよね。
それが何なのか、どうすればそれを付与できるのか、しっかり分析していきたいです。
天才は創造できる。
でも、われわれはそれをマネぐらいは出来る、はずですから。
2009/09/02 (水) 22:20:09 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。