戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いちばん細いハリガネはどこで手に入れる
みなさん、細いハリガネはどうやって手に入れていますか。
知るかぎり、もっとも細いハリガネは
この中にあります。
安物時計
アナログ時計の針を動かすためのモーター、
そこに使われているコイルに巻かれている銅線です。

時計を拾ったので、これをぶち壊してみましょう。
はい、出てきました。
いちばん細いハリガネ
これを何に使いましょうか?

じつは、ずうっと以前から温めているアイディアがあるんです。
実用新案クラスのそのアイディア、
ご紹介しちゃいましょう!
その細いハリガネで、

1/35 カツラ を

つくるんです!


これで、「お人形さん」も、ひとつ「人間」へとレベルが上がることでしょう。
わたしはフィギュアは作らないことに決めていますので
当分やることはありませんが
どなたか、作ってみたらご紹介ください。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
面白そうですね
宮崎さん!こんにちは(*^。^*)
記事、面白く拝見いたしました。
細い針金でフィギュアのカツラをつくる!
凄い発想だと思います。
タミヤで改造人間コンテストをしているらしいのですが、そのときにカツラ付きのフィギュアを出品したら大賞間違い無しですね!私がいつか挑戦する事があったら、ためしにカツラを作って応募してみます。
2009/09/07 (月) 15:44:47 | URL | かおり #UTTqB9Tc[ 編集]
こんなに細い針金(銅線?)があったのですね!(汗)
コレは他にも色々と重宝しそうな気がします!
ただ、アナログ時計を破壊しなければ手に入らないのが・・・
ジャンク時計を探しに行かなければ!(笑)
2009/09/07 (月) 20:14:06 | URL | カーク3等陸士 #LgqzBD46[ 編集]
お、これは昔、100均の時計をぶん投げた時
いろいろ中身が出てきた!そして、
「うほ、いいコイルと歯車!」
と思い保管しています。
・・・が使う機会が結局無かったw

1/35 カツラ!??
その発想は無かった!
2009/09/07 (月) 21:27:55 | URL | king chi-he #-[ 編集]
いろいろ考えると楽しいですね
>かおりさんへ
長い髪が風でなびいたような表現も出来ると思います。
あるいは、恐怖で逆立ったような表現も。
ウェーブのかかった髪もできるかなあ。
内側にカールはできるかもしれませんね。

>カークさんへ
もう少し大きいムーブメントを分解すると、
やや太めの銅線が得られますよ。

>king chi-heさんへ
このブログを見ている方で船を造っている人は、すくないでしょうが、
もうひとつアイディアがあるんですよ。
艦船の上に張られている細いワイヤーに

「クモの糸」

を使ってみることはできないかと思うんです。
2009/09/07 (月) 23:10:58 | URL | 宮崎 #cXp81IFc[ 編集]
ネタですよね?

実行されるとしても中途半端な数じゃ実感は出でないと思いますし、なにより植毛作業は極小エッチングパーツ取り付けの比ではないと思われます。

しかし今まで誰もやられていない事と思われますので未踏峰制覇目指して頑張ってください!
2009/09/08 (火) 22:08:13 | URL | あきら式改 #-[ 編集]
ネタじゃないんですよ
作成方法は、すでに頭の中で何度もシュミレートしています。

まず、極細銅線を5センチ程度に切りそろえます。

直径4ミリ程度の束を作ります。
一部をしっかり縛り、瞬間接着剤で固めます。
不要部分をカット。

はげフィギュアの頭に、穴を開けます。

束をぶち込みます。

中心を分け目にしながら、下に垂らします。

糸切りばさみで、髪型を整えます。

必要なら、つまようじの先などで、カールさせたり、ウェーブをつけます。
ソバージュにする場合は、束を作る前に何らかの方法で、波打たせておきます。

だだし、これでうまくいくかどうかは未知数です。

革命を起こしたいあなたの挑戦を待っています。
海外モデラーをぎゃふんと言わせるチャンスです。
2009/09/08 (火) 23:07:45 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。