戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
OVMの塗装
写真は真実を写しとると思われていますが
じつはウソばっかりついています。
ニコンのカメラとキヤノンのカメラで、出てくる絵が違うのがその証拠。
現在、NikonのクールピクスP80とCanonパワーショットA720isの二つを主に使用していますが、微妙に違う色合いの絵が出てきます。

スコップ
スコップの写真を撮ってびっくり、
フェンダーが濡れたようになっています??

なるほど、実物をよく見れば少しツヤが乗っています。
ですが、肉眼では濡れているようには感じられません。
(なぜこうなったかは、うすうす想像できてます。
ヘアスプレー法をこっそり試したときの「モッズヘアー」の一部ではないかと思うのです。
まだスコップを取り付ける前でしたので、指についていたのでしょう。
ヘアスプレー法そのものは、失敗に終わっていますが、思わぬ副産物を得ました。
つまり、髪にしっとりつやつやを与えるヘアスプレーは
クリア塗料の表面に膜を作るようなテカテカ感のあるツヤとは異なり
「染み込んで濡れたような」うるおい感を与える成分が含まれているのです。
濡れた表現に使えるのではないか、と思わせられます。
アクリル塗料に混ぜて使ってみるとどうなんでしょうか?)

ここでやっと本題です。
三突F/8のスコップは、タミヤ ヤークトタイガーからコンバートしてきました。
柄の部分はラッカーのウッドブラウンで塗り、
その上からガンダムマーカーのガンダムサンドブラウンを塗りました。
前回と同じく、ヤスリでこすって木目を入れてます。
金属部分は、単純にアイアンです。
ガンダムサンドブラウンは、とてもシブい色で使えます。
このあと、いくぶん修正を加え出来上がりにします。

(この段階でも、まだ車体の上下や主砲を接着していないのは心配性だから。
あとで、「やっぱりキャタピラはずぶ濡れにしよう」とか
「何かひと味足りない、基部にもっとこんな色を入れてみよう」とか
思うかもしれないので・・・(笑))

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
写真の嘘
今晩は宮崎さん。
実は私も写真撮影で悩んでいます。
完成品のそのままを、伝えられる写真はなかなか撮れませんね。
カメラはカラーテレビのようにメーカーや機種により発色が違う。
そしてPCの画面の明るさ設定で見る色合いが変わる。
真実の姿は実物を見なければ本当に判らないと思います。
宮崎さんのなさっている事は、前回の記事でストックを成仏させると記していましたね。
確かにサビサビの塗装は廃車同然ですから実車では成仏ですね。
でも私は宮崎さんはストックに生命を与えていると感じています。
一台一台に施すそのテクニックの数々は完成品として終着点にたどり着きます。
成仏と言っても間違いではないのかもしれませんが、
私はプラモのストックに新たな息吹が宿ったように感じます。
2009/10/02 (金) 21:06:28 | URL | Hans=Sheaver #-[ 編集]
ありがとうございます
>ストックに新たな息吹が宿ったように
そのようにとらえていただけるなんて、ありがたいお言葉です。
箱に入ったパーツのままのキットは
まだ生まれてさえいない胎児のようなもの。
組み立ててあげることで、
はじめて世に出ることができます。
わたしは、その状態を成仏と呼びました。
命の息吹をまとうほどの作品を
必ずしも作れるかどうかは自信がありませんが
これからもひとつひとつ全力で作っていくつもりです。
いつかは、オーラを発するような作品を作りたい物ですね!
ハンスさんの作品からも、どんどん学ばさせていただきます。
2009/10/02 (金) 22:52:43 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
写真撮影はしたことないので、どのように写るのか
あまり考えたことはないのですが、
師匠の作品を一度は生で見たいものです。

ヘアスプレーはプラ板などに試しに使ってみようかしら?
OVMや泥表現に限らず、ガンダムサンドブラウンは
色々使えそうですね。
2009/10/02 (金) 23:39:30 | URL | king chi-he #-[ 編集]
うまく嘘をつくための道具です。・・・多分。
|じつはウソばっかりついています。

 わたしは、コンパクトタイプのカメラは、現実を写すための道具かもしれないけれど、高級カメラは、うまく嘘をつくための道具だと思ってます。 ・・・・でなきゃ、あんなに大枚はたく人はいないでしょう?
 ライカなんか大嘘つきのこんこんちきのあんちくしょうだから、あんなに高いんです。
http://www.leica-camera.co.jp/photography/m_system/m9/
 実機はどう見ても、77万には見えない。
 でも、すさまじい嘘の実例。
http://dfarkas.blogspot.com/2009/09/leica-m9-review-shooting-in-wetzlar.html

 日本のデジカメは、その狭間で悩んでるんです。
2009/10/03 (土) 11:59:27 | URL | iChamaru #GV3LfJa6[ 編集]
king chi-heさんへ
いちど撮影もしてみてください。
車体色によって、色がいろいろ変化したりしますから(笑)。

とくに、今回のような黒い物体は
カメラの苦手とするところのようです。
黒ではなく、グレーに振りがちです。

測光方式によっても、ぜんぜん違った写真が出来上がってきたりもしますよ。

>一度は生で見たいものです
少なくない方々が
「宮崎の作品は、写真ではあんな風に見えるけど、実物はどうなんだ?」
と思ってらっしゃることだと思います。

実物は、たいしたことないです。
というか、肉眼ではよくわからない部分の情報量を上げているからでしょうか、
リアルだけを追求しても、模型映えは一向にしないようです。
デジカメで撮影して「ここはリアルじゃないな」という部分を修正する作業を繰り返して作った作品は
肉眼では、さして大きな変化を見せませんので
もともとが「引き立つ存在の塗装」をしておかなければ
模型映えしないのだと思います。

リアルの神髄は、けっこう小さなディテールにありますので
写真では目にとまるものが、
肉眼では目にとまらないし、
写真と同じように見えないで???が浮かぶときさえあります。
「おかしいなあ、写真ではこうなってるんだけどなあ」ってなもんです。
塗料がはみ出ているように写っているのに、
修正しようとして、どこがはみ出ているのかわからない・・のような。

ともあれ、九州AFVの会には
数輛を持ち込みますので、近くに住んでらっしゃる方には見てもらえます。

チャーチルは古いロジックで塗っていますので、昨年のKV-IIと同じ運命を辿ると思います。
黒っぽくて、よく見えないというような(笑)。

展示会対策品は、三突F/8と四号駆逐戦車です。
どちらも目立つことを第一義で作りましたから(笑)。
それでもまだ地味かもしれないと懸念しています。

いつの日か機会がありましたら、
king chi-heさんにも見ていただきたいですね。

ヘアスプレー法は、エアブラシが必要かもしれないです。
直接スプレーしても、きれいな面にならなかったからです。
また、
ヘアスプレーが付いた面に、筆で物理的に力を加えながら塗ると
ぬるぬるします。
2009/10/04 (日) 15:56:22 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
iChamaruさんへ
ぬあるほどお!!
高級カメラの多彩な表現力とは
多彩なウソを、ウソと感じさせずに
上手にウソをつける能力のことなんですね!
プロのカメラマンとは、あらゆる場面で上手にウソをつけるテクニックを持った人なのでしょうね。

まあ、わたしも少しずつ設定を変えながら何十枚も撮影して、いちばん良く写ったやつを掲載していますので
同じようなことではありますが(笑)。

だいたいデジカメのカラーモードの設定に
「鮮やかモード」とか
「すっきりモード」とか
あること自体、ウソつきますよと宣言しているようなものですからね。

ライカに限らずドイツ製品は、自信満々の価格設定であきれるやら感心するやらです。
でも、M9欲しいんですか?(笑)。
77÷0.5=154
5000円のキットが154個も買えちゃいますね。
2009/10/04 (日) 16:07:21 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
|でも、M9欲しいんですか?(笑)。

 全く欲しくありません!・・・でも、154個も・・・・いくら何でも・・・ちょっと欲しくないかも・・・・・(^_^;)
2009/10/04 (日) 20:35:12 | URL | iChamaru #E7mICYIk[ 編集]
価値観のちがいと資金の有効利用
近所の人がレクサスISを購入されました。
「それって350万ぐらい?」
「ぜんぶで550万でしたよ。レクサスは値引きいっさいしないですよ」
「!!?(たかだか2500ccのクルマに550万かよ!ターボとかでもないのに)」

セダンという形状が、自動車として意味があるかどうか個人的には疑問視していますが(ワゴンかミニバンの方が便利じゃない?)、
仮に、そこは外せないとしても、
資金の有効な配分としては
ひとつの例として
レガシイB4(セダン2500の高い方のグレード)に350万、
プラモデルに100万(100÷0.5=200個!)、
その他に100万
の方が幸せじゃないかと・・・
「お前も馬鹿野郎だよ」
と言われそうですが(笑)。
2009/10/05 (月) 11:27:23 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。