戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
情景テクスチャーペイントの利用あれこれ
タミヤの「情景テクスチャーペイント」を購入して
あれこれ試してみましたので
使用感などをレポートします。
ヤークトタイガー排気管
続きを読むをクリックして進んでください。
わたしが購入したのは
「砂 ライトサンド」と「草 グリーン」ですが
今回は前者についての報告です。

基本的には水性アクリル塗料と同じ扱いができます。
水やアクリル溶剤で薄めることができ、アクリル塗料をくわえて色を変化させることができます。
ただし、あまり色を加え過ぎると質感が変わってしまうことがあると注意書きです。
筆は、水かぬるま湯で洗えばよいのもアクリル塗料と同じです。

実体は、どろどろざらざらとした粘度の高い液体です。
ホットケーキを焼く前の小麦粉のような感じでしょうか。
着色されたセラミック粉が混入されています。

塗る前は、「こんなに鮮やかな色でだいじょうぶか?」「これで本当に凹凸ができるのか?」と思いましたが
乾燥すると、
「きれいな海岸の砂浜」
の色と、シャープな粒立ち感のあるざらざらになります。

もちろんこれを砂浜の情景に使用するわけがありません。
何か違うことに利用できないかと研究するわけです。

パステルを使った排気管の表現は
満足度の高いものでしたが、毎度同じことをしていても面白くありませんので
これを使ってみます。
じつは、すでに四号駆逐戦車で使ってみました。
ざらざらマフラー
塗料を混ぜなくても、あとから塗ればよいです。
できあがりは、以前の記事で出していた写真の通りです。
四号駆逐戦車リアビュー
可もなく不可もなくといったところでしょうか。
テクスチャーに頼らず、単に塗料だけでサビを表現されていた方は
一度使ってみて、テクスチャーによる情報量の増加を味わってみるのも一興かと思われます。

冒頭の写真の通り、ヤークトタイガーの排気管もこれでやってみることにしました。

ここで、さらに!
便利な使い方を発見しました。
イスラエルですよ。
そう、メルカバですよ。
メルカバの車体上面に施されている滑止め、あれにぴったりじゃありませんか。
密度のムラも自由自在に表現できます。
書き散らかした車体の写真で恥ずかしいのですが、はいこの通り。
メルカバ滑止め

その他にも、車体に隅に溜まった土砂の表現などにも使えますね。
あとですね、ただ今研究中ですが、今までにない画期的な表現に使えるかもしれませんよ。
期待せずに気長にお待ちください。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
これは以外と使えるかもですね。
私は中々の食わず嫌いと所があって、このようなレポートは大変ありがたいです。セラミックと言う事は粒子も安定していそうですね。
例えば工夫すればコーティング用のパテにもいけそうではありませんか?

続きのレポが楽しみです。
2009/10/07 (水) 00:59:09 | URL | dickermax #X.NmPtlw[ 編集]
基本は塗料みたいです
コーティング用に使うには、水分を減らす必要があります。
かなりパステルを混ぜるとか、
アクリルや水と親和性の高い乾燥気味の何かを加えて、吸着力を落とすことが必要でしょう。
ですが、
かなりざらざらの粒子感があります。
(コーティングブレードの歯に引っかかってしまうぐらい)
パテには、どうかなあと思わないでもないですが
泥を塗り付けたようなコーティングもたまに見ますので、やってみたら案外、いけるのかも??
2009/10/07 (水) 20:17:55 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
ザラザラ感なら・・・。
 宮崎さんは、日本画の「岩絵の具」とか、鉄道ジオラマの「リアルサンド」なんか使ったことあります?
 岩絵の具は同じ色でも番手があって小麦粉みたいな微粒子から、顆粒とまではいかないけどかなりつぶつぶ感のあるものまでいろいろな大きさがあります。色も自然色系がたくさんあります。
 もっとざらざら感がほしいならリアルサンドも使えそうだと思います。
http://afv.la.coocan.jp/index.php/2009/05/%E6%9C%9F%E5%BE%85%E3%81%AE%E6%96%B0%E4%BA%BA/
 画像で入手できる先に飛べます。京都画箋堂には、日本画のコーナーに金属泊もありましたが、薄すぎて使いにくそうです。
2009/10/08 (木) 08:19:31 | URL | iChamaru #E7mICYIk[ 編集]
ザラザラのチョコ
 ちょっと高級なチョコで表面にココアパウダーまぶして、ザラザラマットな表面になってるのありますよね。
 あれは、チョコを転がしながら、上から茶漉しでパウダー振りかけるというような作業で行いました。
 うちは物流会社ですけど、そんなこともやったりしています。先週の日曜日から天津甘栗を焼いたりもしています。・・・・なかなか、本業で儲からないので、いろいろやってるうちに、何が本業だか判らなくなったりしています。e-350
2009/10/08 (木) 12:54:07 | URL | iChamaru #E7mICYIk[ 編集]
各種ピグメント
岩絵の具やら泥絵の具やら、ピグメント類はたくさん揃えてるんですねー。
これはすごいです。
これだけ持ってたらいろいろ遊べますね。
実験記事を待ってます。

マットな丸いチョコ、トリュフっていうんですかね?
ピグメントをトリュフ的な使い方するのも何かの表現にいいかもしれません。
あ!ミドリのピグメントをつかうと「コケ」に見えるとか?

ところで、トリュフといえば
娘が夏休みの宿題といって
皿のうえに載せて写真を撮っていました。
「おっうまそうだな」
とつまもうとすると
「食べちゃダメ! それ中身はご飯粒なんだから」

なんと悪知恵の働くやつだ、と思ったことでした。
2009/10/09 (金) 01:46:41 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
滑り止め塗装のザラザラに自分は
砂時計の砂を使っています。
ヘアスプレーをしゅっと吹いた上から、蒔絵の如く砂を振りかけ、
乾燥後に余分な砂を振り払えば、あまりムラにはならないと思います。
URLのとこに記事をリンクしてあります。
2009/10/20 (火) 10:25:15 | URL | コーチン #NgDLdiQA[ 編集]
>コーチンさんへ
なるほど! 砂時計の砂とは天才的アイディアですね!
わたしも、鉄道模型用の砂を用意してはいたのですが
どうやって接着すれば良いものか思案して放置プレイになっておりました。
ヘアスプレーで可能なんですね。

今一度読み返してみると、コーチンさんのブログには、
いろいろなアイディアがたくさん溢れていますね。

ヘアスプレーの上から
筆塗り出来るのか、少し不安です。
まだ、エアブラシ持っていないものですから(汗)
2009/10/20 (火) 22:48:55 | URL | 宮崎 #cXp81IFc[ 編集]
100均で
砂時計1個100円ですよ。
中央の細いところをぽきんと折れば、
そのまま振りかけられます。
砂のざらつきを活かすには、エアブラシの方がよいように思います。
下塗りは、宮崎さんの方法で、筆塗りして、滑り止めの必要のないところはマスキングして、上塗りをエアブラシでなさればよいかと思います。
エアブラシもずいぶん購入しやすくなっていますし・・・
2009/10/20 (火) 23:11:06 | URL | コーチン #NgDLdiQA[ 編集]
エアブラシ必要ですね
ヘアスプレー法をちょっと試した時にも思ったのですが、
筆塗りでは、物理的な力がかかるので塗れない場合があると気づきました。
これからの新しい研究分野です。
2009/10/22 (木) 00:12:28 | URL | 宮崎 #cXp81IFc[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。