戦車模型 AFV fun
それは男の憧れる力の象徴。無敵の装甲は、びくともしない不動心へのあこがれ。鋼鉄のキャタピラは信念を曲げず困難を乗り越え突き進む哲学の具現。        
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
銅賞ですって!、どうしょう?
個性とパワー溢れる作品が居並ぶ中で
なんと!
奇跡的に「銅賞」をいただいてしまいました。
ビックリするやら恥ずかしいやらです(もちろんうれしい!)。
どうしよう?

なぜ奇跡かと言えば

1.フィギュアがないと評価されない
2.どうしてもジオラマのパワーに押されてしまう
(九州AFVの会は、いまは無差別級頂上決戦となっており、部門が分かれておりません)

ことが、昨年の経験からわかってましたから
よもや賞に絡むなんて大それたことは思いもしておりませんでした。
昨年の反応があまりにも寂しかったので、せめてもう少し注目してもらえればというのが希望で、今回は、気楽な気持で楽しんでいたのです。

もし、わずかな可能性があるとすれば「タミヤ賞」かなと思っていました。
AFV CLUBではなくタミヤのチャーチルでしたし
ドラゴンではなくタミヤの四号駆逐戦車だったからです。
(賞品もプラモがいっぱいもらえるしですね)
ところが
タミヤ賞で、他の方の名前が呼ばれた時点で
私の夢はついえてしまった ・・・はずでした。

単品作品で、銅賞というのは望外の評価です。
わたしにとっては、もうこれ以上はないというくらい評価をいただいたと思っております。

力の入った巨大ジオラマで賞を狙っていた方もいらっしゃることでしょう。
高価なアフターパーツをフル投入で気合いの入っていた方もいらっしゃると思います。

安価なタミヤの旧キットにビーチサンダルとガラス板の地面でこんな賞をいただいて
申し訳ないやら恥ずかしいやらです。
単品モデラーの方に勇気を与えることができたなら幸せなんですが。

「賞」の冠という意味では、今回いただいた賞でなんだか満足してしまいました。
今後は、自分の技術を見つめ直し
ひっそりと研鑽に励みたいと思います。
グランドワークやフィギュアまで作れるようになりましたら
そのときは、狙って「賞」というものに挑んでみたいと思います。

評価し応援していただいたみなさま
本当にありがとうございました。
感謝、感謝です。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/02 (月) 23:09:54 | | #[ 編集]
宮崎さんの作品は、強烈なインパクトを醸し出しておりましたよ!
あまりのリアルさに会場の皆さんもビックリしたことでしょう。
宮崎さんが銅賞を受賞された瞬間、ああ・・・今年もダメだったと
思いましたもん(汗)

ただ、あの草履は何なんだ?という声が・・・(笑)
来年は、発掘シリーズにわたくしも参戦させていただきます!!
2009/11/02 (月) 23:41:00 | URL | カーク3等陸士 #LgqzBD46[ 編集]
おめでとうございます!
賞などに縁のない私からみると「すごいなぁ」という感じです。技術的には素晴らしいものをお持ちですから受賞も納得ですが、ワンポイントのビーチサンダルのような遊び心には技術でないセンスを感じます。ほんとうにおめでとうございました!
2009/11/03 (火) 10:28:24 | URL | えむろぼ #kEawCMz.[ 編集]
カークさんへ
ありがとうございます。
お互いよかったですね。

カークさんの発掘シリーズ!!
そりゃあ楽しみであると同時に、なんとなく
こわいなあ。
こちらも頑張らなくては。
2009/11/03 (火) 22:30:32 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
えむろぼさんへ
ありがとうございます!
単品では、賞はきびしいことがはっきりしていましたので
みなさんに見ていただくための発表の場と
割り切っていました。
思いがけなく賞をいただいたので
びっくりです。
いつもブログを見ていただいている方々の
後押しがあったのだと思います。
ありがたいことです。

えむろぼさんの技術は、わたしとは分野が違うというだけで、非常に高いものをお持ちです。
キャラクターモデルの方が競争率が高く
より狭き門でしょうが
本気で狙われてもいいと思いますよ。
2009/11/03 (火) 22:47:42 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
タイトルはダジャレですね。

だれもツッコまないので・・・。
2009/11/05 (木) 01:21:59 | URL | まる #-[ 編集]
遅くなりましたが、受賞おめでとうございます!
無差別バトルロイヤルで銅賞とは素晴らしい!部門分けされていれば、事実上単品部門金賞ですね。
おっしゃるとうり、こういうコンテストではディオラマのほうが圧倒的に有利です。そんな中にあって、単品フィギュア無しで入賞するのは、大変なことです。宮崎さんの作品は、九州のモデラーに強烈な印象を残したことでしょう。
それにしても、九州AFVの会はすごい楯がもらえるんですね!うらやましい。
中京AFVの会では、副賞のプラモデルはもらえますが、楯やトロフィーはありません。
そのかわり、全員に参加賞として、モリナガヨウさんデザインの、シャチが乗った戦車の焼印が押してあるおせんべいが一枚もらえます。(笑)
2009/11/05 (木) 22:52:41 | URL | ヒロナリ #-[ 編集]
ヒロナリさんへ
ありがとうございます!

記念の楯は、すばらしいものです!
モデラー魂がこもってますね!
(作った方は偉い!)
目に見えるカタチで「賞」があると
「オレもあれが欲しい」
と意欲がかき立てられますよね。
昨年のわたしは、よだれを垂らしながら横目で見てましたから。
2009/11/05 (木) 23:10:30 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
入賞おめでとう御座います!!
本物を表現する為の本物の技術。それに対しての評価。
いつも宮崎さんの作品を観る度に驚嘆と遊び心を持ったそのセンスにいつも羨望の眼差しを送るしか無い私としては当然の結果ではないか とさえ感じています。
とにかくおめでとう御座いました!!
2009/11/06 (金) 01:36:40 | URL | いさな. #-[ 編集]
いさな.さん ありがとうございます
ありがとうございます!
この四号駆逐戦車ぐらいの彩度、カラフルさならば
展示会場でも、それなりに目立ちました。
一方
チャーチル的な塗装では、まったくダメです。

リアルにする技術と印象度を上げる技術をきちんと区別して
意識的に用いるようにしたいと考えているところです。

いさな.さんのチャレンジする姿勢にも刺激を受けていますので
これからもお互い、楽しみながら頑張りましょう。
続けることで何かが見えてくるかもしれません。
なんであれ、続けること、あきらめないことが
成功の秘訣のようです。
2009/11/06 (金) 19:12:04 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
遅ればせながら
遅ればせながら
銅賞、ご受賞おめでとうございます。

流石といえば流石、当然といえば当然。
私的にはあのおねえちゃん写真も一緒に飾っていたら更に上位だったのでは?とも思っています。
写真から抜け出たようなクリソツなモデルに会場を訪れた方々はもっと驚愕したことでしょう。

私の方は師匠の活躍に刺激され、先週あたりから模型再開しております。
まず目指すは師匠のヤクト豚鼻!

がんばりますぜ~。
2009/11/07 (土) 17:21:25 | URL | Macha #-[ 編集]
Machaさんへ
ありがとうございます!

お久しぶりですね。
ご帰還お待ちいたしておりました。

お姉ちゃんの写真も、一瞬、考えないでもなかったのですが、ブログの二番煎じのような気がして思いとどまりました。

わたしも、心静かに淡々と
できることをやっていくだけです。
お互いまた切磋琢磨し合いましょう。
2009/11/07 (土) 23:11:32 | URL | 宮崎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 戦車模型 AFV fun all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。